So-net無料ブログ作成
下痢止め ブログトップ

食あたりによる下痢もおまかせ!エクトールDX(第2類医薬品) [下痢止め]

食あたりによる下痢もおまかせ!エクトールDX(第2類医薬品)






「下痢は止めないほうが良い?」
「身体の中に悪いものを残すことになるのだから」



そんな話を聞いたことがあるかもしれません。完全に否定するものではありませんが、下痢止めを控えるべきなのは時と場合によります。


下痢止めを使っていいのはどんな場合なのでしょうか。





DSC_0686.JPG




<下痢の原因と選択>



ノロウイルスやロタウイルスといったウイルスや細菌が原因となる場合や、単純に食べ過ぎや飲みすぎの場合、ストレスや精神的な要因によるものも下痢の原因のひとつです。


ウイルス性や細菌性の下痢の場合は、無理に止める必要はありません。身体の中にウイルスや細菌が残ってしまう恐れがあるからです。ただ、下痢が続いてしまうと脱水症状をきたす可能性もあり、絶対に下痢止めを使ってはいけない、とは言えません。


食べ過ぎや飲み過ぎなどの一過性の下痢であれば、下痢止めを使って様子をみてもいいでしょう。もし下痢が続くのであれば受診するのが安全です。


ストレスが原因でコロコロ便や下痢を繰り返す場合は、腸の病気の可能性もあります。生活に支障がなくとも受診するのが良いでしょう。




スポンサーリンク








<エクトールDX(第一三共ヘルスケア)とは>



エクトールDXは殺菌成分を配合した下痢止めです。この殺菌成分含有というのは意外と重要で、配合すると食あたりにも用いることが出来ます。


エクトールDXは5種類の有効成分が配合されています。


・アクリノール水和物

・タンニン酸ベルベリン

・ウルソデオキシコール酸

・ゲンノショウコエキス末

・ロートエキス


殺菌成分はアクリノール水和物とタンニン酸ベルベリンです。下痢の原因は細菌性の場合もあり、殺菌作用により症状の緩和が期待できます。タンニン酸ベルベリンやゲンノショウコエキス末には収れん(縮める)作用があり、下痢を和らげます。


ウルソデオキシコール酸には利胆作用があり、消化を良くする作用があります。さらに、鎮痛・鎮痙作用のあるロートエキスが配合されています。腹痛や下痢時の痛みを和らげる働きがあります。





<エクトールDXの注意点>



配合されているロートエキスには抗コリン作用があります。


この抗コリン作用は副交感神経を遮断することで様々な悪い作用を引き起こします。例えば、目がかすんだり、便秘になったり、口が渇いたり、緑内障を悪化させたり、尿が出にくくなったり。


機械の運転を避けること、緑内障の方は服用できないこと、排尿困難の方は相談することに注意が必要です。


また、赤ちゃんに授乳を通じて移行することが知られており、授乳中の方は服用を控えるべきです。


お読みいただきありがとうございます。


参考文献:エクトールDX添付文書




スポンサーリンク








こんな記事も読まれています!



関連記事:胃痛・胸やけ・胃の不快感にハピコムニチブロック10・ファモガスOD10


関連記事:お腹に優しいマグネシウム配合のナチュラル便秘薬



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

強力な下痢止めをお探しの方にはロペラマックサットがオススメ [下痢止め]

強力な下痢止めをお探しの方にはロペラマックサットがオススメ




突然ですが、食べ過ぎや飲みすぎでお腹を下すことはありませんか。仕事中に抜け出すのも難しいですし、外出中に苦しみながらトイレを探すのもとてもつらい状況です。


(もちろん原因にもよりますが)そんな下痢でお困りの状況にオススメなのがハピコムロペラマックサット(佐藤製薬)です。


ロペラマックサットがどのような商品なのか検討していきます。




DSC_0683.JPG





<ロペラマックサットとは?>


ロペラマックサットはロペミンとして医療用でも用いられる成分の塩酸ロペラミドを配合した下痢止めです。このロペラミドは直接、腸の運動をストップさせて、下痢を抑える働きがあります。


さらに、腸内で水分・電解質の分泌を抑え、腸への水分の吸収を促すことも下痢の改善につながりま す。この成分の働きはとても強力なので、下痢が止まった場合の服用はできません。治ったら中止しましょう。


ロペラマックサットは口の中でさっと溶ける錠剤なので、手元にお水がなくても簡単に服用できることもウリのひとつです。



<どの下痢にもロペラマックサットは使えるの?>


ロペラマックサットや他のロペラミド配合の下痢止め剤では、使用可能な下痢と使用を推奨しない下痢があります。


食べすぎ・飲みすぎによる下痢や、寝冷えによる下痢などは原因がはっきりしており、一過性の可能性が高いので下痢止めを使用しても問題ないでしょう。


ただ、細菌感染やウイルス感染などによる胃腸炎や食あたりの場合は使用を控えるべきでしょう。下痢止めの使用で細菌やウイルスが身体に残ってしまうと、症状が改善しない場合が多くあります。


腹痛や微熱を伴う胃腸炎には漢方薬の柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)がオススメです。



スポンサーリンク







<ロペラマックサットの注意点>


下痢の種類(原因)によって使用を控えていただくことの他にも注意点があります。


医療用ではお子様から用いられますが、販売しているものは15歳以上の使用年齢です。15歳未満の方にはご使用できません。これは下痢が長引いたり、発熱を伴ったりと、子どもは重篤化しやすいからでしょう。


子どもに限らず、大人の場合でも下痢により脱水症状につながる恐れもあるので、OS-1(オーエスワン)やポカリスエット、アクエリアスなどの電解質を含んだ水分を補給することが望ましいです。


また、ストレスや精神的な不安感による下痢や便秘を繰り返す場合は過敏性腸症候群の可能性も考えられますので、受診するのが無難です。


お読みいただきありがとうございます。


参考文献:ロペラマックサット添付文書



スポンサーリンク







関連記事:お腹に優しいマグネシウム配合のナチュラル便秘薬


関連記事:胃痛・胸やけ・胃の不快感にハピコムニチブロック10・ファモガスOD10


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
下痢止め ブログトップ