So-net無料ブログ作成
検索選択
塗り薬(尿素配合) ブログトップ

ナチュラルハンド20DXとケラチナミンWクリームはどちらが優れているのか! [塗り薬(尿素配合)]

ナチュラルハンド20DXとケラチナミンWクリームはどちらが優れているのか!





はじめに



ハピコムグループのドラックストアをウロウロしていると、ケラチナミンWクリーム(興和株式外社)の商品の隣にナチュラルハンド20DXが並んでいることに気付きます。


これは自社製品を売りたいがための商品陳列です。有名な商品(ケラチナミンWクリーム)を利用してその右隣に自社製品(ナチュラルハンド20DX)を並べる。右手の法則です。


話がいきなり飛びましたが、今回はナチュラルハンド20DXとケラチナミンWクリームのどちらが優れているのか検討していきます。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 ナチュラルハンド20DXとは
3、 ケラチナミンWクリームとは
4、 両者の比較
 ①、値段の違い
 ②、成分の違い
5、 検討結果・さいごに




DSC_0789.JPG




ナチュラルハンド20DXとは



ナチュラルハンド20DXは手肌の乾燥や荒れの治療に優れた作用を持つ塗り薬です。主成分の尿素20%が肌荒れを緩和し、厚くなった皮膚を滑らかにする働きがあります。


詳しくはコチラを参考にして下さい。


関連記事:自然な手指を目指す方にはナチュラルハンド20DXがお勧め(第3類医薬品)



ケラチナミンWクリームとは



興和株式会社が製造販売元である手あれ、角化症を緩和するための塗り薬です。ケラチナミンコーワクリームは尿素20%が単独で配合されていますが、Wクリームは配合成分が追加されています。


尿素製剤は角質のたんぱく質を分解し、厚くなった皮膚を和らげる作用がありますが、軽い症状の皮膚に使用すると、皮膚のターンオーバーが早まり、十分に水分を保持できていない敏感肌に繋がることもあります。


このため、症状が出ていれば使用はできますが、長期的な塗布はさけるべきだと考えられます。




スポンサーリンク








両者の比較



お値段の比較


ナチュラルハンド20DX65g:税込1008円(1gあたり15.5円)
ケラチナミンWクリーム75g:税込1522円(1gあたり20.2円)


5円の差は意外と大きいものです。大量に使用する予定がなければナチュラルハンド20DXで問題ないでしょう。あとは有効成分の違いで判断ですね。


成分の比較


ナチュラルハンド20DX(100g中)


・尿素20g(20%)
・ビタミンE酢酸エステル0.5g
・グリチルリチン酸一アンモニウム0.5g
・パンテノール1g
その他添加物。


ケラチナミンWクリーム(100g中)


・尿素20g(20%)
・グリチルリチン酸0.3g
・ガンマ-オリザノール1g
その他添加物。


まずは主成分の尿素ですがどちらも20%であるので効果の違いはありません。保湿能と硬くなった皮膚を滑らかにする効果が期待できます。炎症止めのグリチルリチン酸に関してもほぼ同濃度配合されています。気にするところではないでしょう。


ナチュラルハンド20DXにはパンテノールが配合されています。パンテノールには保湿作用、抗炎症作用、皮膚軟化作用、組織修復作用がありますので、尿素に補助的に働いてくれるでしょう。


一方ケラチナミンWクリームにはガンマ-オリザノールが配合されています。油性成分であるガンマ-オリザノールは皮膚表面を保護し、バリア機能を高める働きがあります。



検討結果・さいごに



金銭面で購入を考えるならナチュラルハンド20DXがより安価で使用し易いです。尿素が配合されているので割れた部位には使用できませんが、今後割れてしまうかもしれない、割れ易いなどの予想ができるならば、バリア機能を高める成分が配合されているケラチナミンWクリームもオススメできます。お読みいただきありがとうございます。


参考文献:ケラチナミンWクリーム添付文書



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ワムナールプラス20VSケラチナミンコーワ [塗り薬(尿素配合)]

ワムナールプラス20VSケラチナミンコーワ





はじめに



ワムナールプラス20‥?知らないなあ‥。ん?ケラチナミン?知っている!記事名からはそんな連想をする方が多いと思います。ケラチナミンコーワ(興和)は知名度も高くピンと来る方も多いでしょう。


一方のワムナールプラス20はハピコムグループで販売している商品です。有名かどうかは関係なく、どちらも硬くなった皮膚を滑らかにする尿素を配合した塗り薬です。


今回はワムナールプラス20とケラチナミンコーワを比較していきます。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 ワムナールプラス20とは?
3、 ケラチナミンコーワとは
4、 両者の比較
 ①、値段の比較
 ②、成分の比較
5、 比較の結果・さいごに




DSC_0788.JPG




ワムナールプラス20とは?



ワムナールプラス20はゼリア新薬が販売元の塗り薬です。尿素を20%含み、手指の荒れや、厚くなった皮膚を滑らかにする作用があります。以前に詳しく記載させていただきましたので参考にして下さい。


関連記事:皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品)



ケラチナミンコーワとは



こちらのほうが遥かに有名でしょう。興和株式会社が製造販売しているケラチナミンコーワです。冬になるとテレビCMで流れること、1982年に尿素10%として販売された息の長い商品ということもあり、とても一般的な塗り薬です。


がさがさの手荒れやごちごちの角化症(角質が硬くなった状態)に尿素20%が効果的に作用します。



スポンサーリンク








両者の比較



値段の比較



・ワムナールプラス20:65g:税込718円(1gあたり11円)
・ケラチナミンコーワ:60g:税込820円(1gあたり13.6円)
・ケラチナミンコーワ:150g:税込1706円(1gあたり11.3円)
※お馴染みの某ドラックストアでの参考お値段です


上記をみて比べるとてとも微妙なことに気付きます。1gあたりの価格はワムナールプラス20が一番安く、これで決まりでしょう。と言いたいところですが、0.3円や2.6円の差がどこまで大きいのか判断がつきかねます。これは次の成分の比較に期待しましょう。



成分の比較


ワムナールプラス20(100g中)


・尿素20g(20%)
・ビタミンE酢酸エステル0.5g
・グリチルリチン酸一アンモニウム0.5g
他添加物です。


ケラチナミンコーワ(100g中)


・尿素20g(20%)
他添加物です。


‥。一目瞭然ですね。ケラチナミンコーワは尿素のみの配合に対してワムナールプラス20は血行促進効果のあるビタミンEと炎症止めのグリチルレチン酸が配合されています(ただ、炎症止めが配合されているのに関わらず、炎症部位には塗らない記載がワムナールプラス20にはあり意味がわかりません)。



比較の結果・さいごに


価格はほぼ同額ですが、配合成分はワムナールプラス20が優れています。知名度など特にこだわりがなければワムナールプラス20で問題ないでしょう。およみいただきありがとうございます。


参考文献:ケラチナミンコーワ添付文書



スポンサーリンク







こちらの記事も読まれています!


関連記事:皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自然な手指を目指す方にはナチュラルハンド20DXがお勧め(第3類医薬品) [塗り薬(尿素配合)]

自然な手指を目指す方にはナチュラルハンド20DXがお勧め(第3類医薬品)





はじめに



まだ割れてはいないけど手が荒れてしまった、かかとがごちごちになってしまった。治したいけど、どの薬がいいのか分からない‥。そんな場合には尿素成分がオススメです。


尿素を含んだ商品のワムナールプラス20を以前ご紹介させていただきましたが、今回は同じくゼリア新薬で販売されているナチュラルハンド20DXについて紹介していきます。


関連記事:皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品)



この記事の目次


1、 はじめに
2、 ナチュラルハンド20DXとは
3、 ナチュラルハンド20DXの有効成分
4、 ワムナールプラス20との違い
5、 パンテノールとは
6、 さいごに



DSC_0790.JPG




ナチュラルハンド20DXとは



ナチュラルハンド20DXとは保湿能、角質軟化作用に優れた尿素成分を20%含んだ塗り薬です。ハンドと商品に名前が入っているように、手荒れでお困りの方をターゲットにしていると考えられます。


ただ、ハンドだから手にしか塗れないということはありません。ひじやひざ、かかとなどの乾燥や皮膚が厚くなった部位に塗布することももちろん可能です。



ナチュラルハンド20DXの有効成分


・尿素20%
・ビタミンE酢酸エステル
・グリチルリチン酸一アンモニウム
・パンテノール
その他添加物


自然な(ナチュラル)手指(ハンド)を目指すための4種類の有効成分を配合しています。保湿効果、皮膚を柔らかく滑らかにする尿素成分、血行不良の緩和に血行促進成分のビタミンE酢酸エステル、炎症止めにグリチルリチン酸一アンモニウムです。保湿作用や炎症止め効果のあるパンテノールも含まれています。



スポンサーリンク








ワムナールプラス20との違い


ハピコムグループで取り扱っている商品にワムナールプラス20があります。有効成分は尿素(20%)、ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸一アンモニウムでナチュラルハンド20DXとほぼ一緒です(同じ製造会社からほぼほぼ似た商品を出すのはお金の面からデメリットと思うのですが‥)。


関連記事:皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品)


唯一異なるのは、ナチュラルハンド20DXにはパンテノールが配合されていることです。



パンテノールとは



尿素に比べれば配合量はごくわずかですが、パンテノールにも優れた効果があります。パンテノールは水溶性ビタミンのビタミンB郡のひとつであり、プロビタミンB5とも呼ばれています。


パンテノールには、皮膚の水分を保持する作用、赤みを鎮める炎症止めの作用、皮膚を滑らかにする作用、正常な皮膚に戻す(組織修復)作用が認められています。


ナチュラルハンド20DXでパンテノールは、尿素ととも保湿能を発揮し、皮膚を滑らかにするより良い働きが期待できるでしょう。



さいごに



尿素を配合した塗り薬は、手指の肌荒れや皮膚が厚くなったひじやひざ、かかとなどを滑らかにするのに効果的に働きます。さらにパンテノールを配合したナチュラルハンド20DXではより優れた効果が期待できるでしょう。お読み頂きありがとうございます。


参考文献:ナチュラルハンド20DX添付文書



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品) [塗り薬(尿素配合)]

皮膚の乾燥や荒れの改善にワムナールプラス20がお勧め(第3類医薬品)





はじめに



寒くなると肌がかさついて手や足が乾燥したり荒れたりすることはありませんか。足裏の角質がポロポロ落ちてくる経験をする方もいるでしょう。


そんな場合には尿素成分を配合したワムナールプラス20(ゼリア新薬)がオススメです。尿素成分については賛否両論がありますので、尿素の正しい使い方と注意点についても考えていきましょう。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 ワムナールプラス20とは
3、 ワムナールプラス20の成分
4、 尿素の働きと注意点
5、 さいごに



DSC_0786.JPG



ワムナールプラス20とは



ワムナールプラス20とはハピコムグループで販売している乾燥や荒れを鎮める皮膚薬です。冬場になると肌荒れや乾燥が見られる場合が多く、尿素製剤を配合した商品がよく売れます。


つぼ型容器に入った白いクリーム製剤のため、比較的広い範囲にも手軽に塗ることも可能です。ステロイド剤は入っていないので、簡単に使用できるイメージですがいくつかの注意点はあります。



ワムナールプラス20の成分



・尿素20%
・ビタミンE酢酸エステル
・グリチルリチン酸一アンモニウム
他添加物です。


このようにワムナールプラス20には保湿作用、角質軟化作用のある尿素製剤と、血流改善成分のビタミンE酢酸エステル、炎症止めのグリチルリチン酸一アンモニウムが配合されています。


特徴はやはり尿素が20%配合されていることでしょう。ここから尿素の働きについて詳しく調べてみます。



スポンサーリンク








尿素の働きと注意点



尿素はもともとヒトの皮膚(角質層)に存在する成分です。天然保湿成分として乾燥を防ぐ働きがあります。この保湿効果から乾燥に使用できると考えられています。


また、尿素には角質(たんぱく質)を分解する作用があります。角質層がひどく乾燥してしまいコチコチになり、角質がポロポロ剥がれ落ちている状態に尿素が適しています。


ただ、荒れがひどくない肌に尿素を使うとはじめは柔らかくなるのでいいような気がしてくるのですが、皮膚のターンオーバーが次第に早まり保湿能も低下し、敏感肌に繋がる恐れがあります。


使うの部位は必ず荒れているところ、乾燥しているところ、皮膚が厚くなっているところに限定し、改善したら尿素の使用は中止することが大切です。


ちなみに尿素は割れている部位には使用できません。例えばひび割れ、ぱっくり割れているような指先、足先などなど。割れている部位には尿素は刺激が強くヒリヒリしてしまうので注意が必要です。



さいごに



使う方法、使う場所に注意をすれば保湿、角質軟化作用の優れたワムナールプラス20(尿素製剤)がお勧めです。ただし、長期には使用しないよう注意も必要です。お読み頂きありがとうございます。


参考文献:ワムナールプラス20添付文書



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
塗り薬(尿素配合) ブログトップ