So-net無料ブログ作成
殺菌・消毒に ブログトップ

ハピコム手指消毒系商品まとめ記事 [殺菌・消毒に]

《はじめに》


ハピコムブランドの主力手指消毒系商品の使い分けをまとめてみました。


ハピコム消毒用エタノール、ハピコム消毒用エタノールIP、そして最近発売されたハピコムメディスコールについてです。




(c) .foto project




《ケース1:手や指もだけど、掃除や食器の消毒にも使いたいんだけれど。》


ハピコム消毒用エタノールがオススメです。


手指にももちろん使用できますが、ガーゼに浸して、お掃除に使ったり食器を拭いたりもできます(こちらの使い方が一般的なのでしょう)。エタノールに殺菌消毒作用がありますので、落ちにくい汚れにも、気になるところにも使用できます。


ハピコム消毒用エタノールに関して言えば、使い終わったら簡単に折りたためるボトルを採用しています。ごみの削減まで考えた、まさに地球に優しい商品です。キャップをしたまま、折り目に沿ってつぶすだけ。エコですね。



《ケース2:とにかく値段の安い消毒用のアルコールはないの?》


ございます。ハピコム消毒用エタノールIPです。


IP(イソプロパノール)を有効成分エタノールの添加物として配合しています。なぜ安価になるのかというと、消毒用エタノールはアルコールとして飲用が可能であるので酒税が課されています。


一方、消毒用エタノールIPはイソプロパノールを含むため飲用ができません。毒性がエタノールよりも高いからということもあるでしょう。IPには酒税がかからないので安価になっているのです。


ハピコム消毒用エタノール同様にハピコム消毒用エタノールIPも使用が終われば簡単につぶせる容器を採用しています。コチラも地球に優しいのですね。



《ケース3:ノロとかロタってアルコールは駄目でしょ?塩素系でなければ効かないんでしょ?》


その通りです。従来の消毒用エタノールでは効果が期待できませんでした。ただ、最近発売されたハピコムメディスコールに関してはその有効性を示すデータがあります。


このハピコムメディスコールはリン酸を配合することで有効成分エタノールを酸性条件にした商品です。これによってエタノールの効力が増し、効きにくかったノロウイルスやロタウイルスにも効果が期待できます。


ハピコムメディスコールはスプレータイプ。ワンプッシュで使え、すぐに乾くのでとても使いやすいのです。また、150回以上噴霧可能で経済的にも嬉しいですね。


それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。必要な状況を考えて購入の参考にしていただければ幸いです。お読みいただきありがとうございます。



関連記事:ハピコム消毒用エタノール


関連記事:ハピコム消毒用エタノールIP


関連記事:ハピコムメディスコール


スポンサーリンク






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ハピコム消毒用エタノールよりも安価なハピコム消毒用エタノールIPケンエーとは? [殺菌・消毒に]

《はじめに》


以前ご紹介しましたハピコム消毒用エタノール。 類似の商品としてハピコム消毒用エタノールIPがあります。


似たようなものなら値段も安いしIPのほうがいいのでは?そんな悩みを解決します。




(c) .foto project




《疑問1:そもそもIPってなんなの?》



IPはイソプロパノールの略称です


有効成分エタノール76.9~81.4vol%と添加物としてこのイソプロパノールを配合したものがハピコム消毒用エタノールIPケンエーです。


イソプロパノールの殺菌作用はエタノールの2倍ですが、吸入した場合の毒性も2倍です。とはいえ、ハピコム消毒用エタノールIPケンエーに含まれるイソプロパノールは少量であるため、消毒効果を高める期待はできません。


殺菌効果で言えば、エンテロウイルスやアデノウイルスなどエンベロープ(脂質やたんぱく質でできた膜)を持たないウイルス(ノンエンベロープウイルス)に対しての効果は、エタノールのほうが優れています。また、皮膚への刺激作用が強く、傷口や粘膜には使用を避けるべきでしょう。


《疑問2:なんで消毒用エタノールより価格が安いの?》


消毒用エタノールはアルコールとして飲用が可能であるので、酒税が課されています。お店で販売しているビールやウイスキーにかかるものと一緒ですね。


一方、消毒用エタノールIPはイソプロパノールを含むため飲用ができません。毒性が高いからというのもあるでしょう。IPには酒税がかからず安価になっているのです。



《ここが凄いぞ、ハピコム消毒用エタノールIPケンエー》


噴霧式スプレーの付属した商品と詰め替え用の商品も販売されています。用途に合わせて選択できることが嬉しいですね。


ハピコム消毒用エタノールと同様に、使い終わったら簡単にボトルをつぶして捨てられます。廃棄のことまで考えた優れた容器を使用しています。



《少し気になる注意点》


アルコールが入っておりますので、もちろん燃えます。火気の近くでの使用や保管は避けるようにして下さい。刺激を与えることがありますので、眼の周囲や唇などに用いないようにして下さい。


アルコールが肌に合わない方もいますので、十分な注意が必要です。


ノロウイルスやロタウイルスなどが原因で起こるウイルス性の胃腸炎が流行る季節には、これらのウイルスに関しては、消毒用エタノールで十分な効果があるとは申し上げられません。


もし、ノロウイルスやロタウイルスにお困りの場合は、キッチンハイターやピューラックスといった塩素系の消毒剤を使う必要があります。またエタノールを酸性条件化にして効果を高めたハピコムメディスコールという商品もありますので、そちらも大変オススメです。


関連記事:ハピコムメディスコール


以上、ハピコム消毒用エタノールIPケンエーのご紹介でした。 お読みいただきありがとうございます。







スポンサーリンク






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手指消毒と言えば定番のハピコム消毒用エタノール [殺菌・消毒に]

《はじめに》


手指消毒の必須アイテムといえば、ハピコム消毒用エタノール。


`消エタ´と呼ばれ、みなさんから愛されていますね。この`消エタ´は細菌や一部のウイルスに効果が認められており、すぐに手を洗えない場面にぴったりの商品です。


また、おうちのお掃除にも使えますので、余った場合にも困ることがありません。




(c) .foto project




《ここがウリだよ、ハピコム消毒用エタノール》



手指にも使用できますが、創傷面の殺菌消毒にも使えます(こちらの使い方が一般的なのでしょう)。創傷面とは?つまり傷ですね。傷があれば、きれいにしてから脱脂綿やガーゼに浸して軽く塗ればよいのです。ばい菌をやっつけて、症状がひどくならないようにするのです。


また、使い終わったら簡単に折りたためるボトルを採用しています。ごみの削減まで考えた、まさに地球に優しい商品なのです。キャップをしたまま、折り目に沿ってつぶすだけ。もとの容積から約1/4になります。



《少しだけ気にしてほしい注意点》



アルコールが入っておりますので、もちろん燃えます。火気の近くでの使用や保管は避けるようにして下さい。刺激を与えることがありますので、眼の周囲や唇などに用いないようにして下さい。


アルコールが肌に合わない方もいますので、十分な注意が必要です。


寒い時期になりまして、ノロウイルスやロタウイルスなどが原因で起こるウイルス性の胃腸炎が流行っています。これらのウイルスに関しては、消毒用エタノールで十分な効果があるとは申し上げられません。


もし、ノロウイルスやロタウイルスにお困りの場合は、キッチンハイターやピューラックスといった塩素系の消毒剤を使う必要があります。またエタノールを酸性条件化にして効果を高めたハピコムメディスコールという商品もありますので、そちらも大変オススメです。


関連記事:ハピコムメディスコール



以上、ハピコム消毒用エタノールのご紹介でした。 今回もお読みいただきありがとうございます。






スポンサーリンク






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ノロウイルス・ロタウイルスにも効果の期待できるハピコムメディスコール [殺菌・消毒に]

《はじめに》


最近、ノロウイルスやロタウイルスにも効果が期待できる手ピカジェルプラスやノロパンチ(いずれも健栄製薬)が話題となっていますが、ハピコムからもハピコムメディスコールという手指消毒剤が新発売となりました。


食中毒の流行るこの季節にオススメの商品です。



word-895582_640.png




《なにそれ?アルコール系ならいいんでしょ?》



はい、問題はありません。アルコール系の手指消毒剤であれば、細菌や一部のウイルスに効果が期待できますので、予防的にも使えます。


ただ、このハピコムメディスコールは先ほど述べた手ピカジェルプラスやノロパンチと同様に、pHを酸性にすることで、有効成分エタノールの効果を高めています


酸性条件化になるとノンエンベロープウイルス(※下記参照)にも効果が期待できるようになります。


寒い時期に流行しやすいウイルス性胃腸炎の原因となるノロウイルスやロタウイルスはこのノンエンベロープウイルスに分類されます。


つまりハピコムメディスコールはノロウイルスやロタウイルスに効果が期待できると考えられるのです。



《なんでハピコムメディスコールがおすすめなの?》



ハピコムメディスコールはスプレータイプなので、ワンプッシュで手軽に使用できますし、乾燥するのも早いという特徴があります。


さらに150回以上のプッシュが可能で、長く使い続けられることもポイントです。また、アラントインという湿潤成分を配合しており、潤いを保つ作用も期待できます。




《少しだけ気にしてほしい注意点》


刺激感を感じるため、傷口や眼の周りに使用は避けるようして下さい。また、アルコールが入っておりますので、床や衣類に付着した場合の変色や、火気の近くでの使用や保管には十分な注意が必要です。


商品の表示として`食中毒の季節に´とうたっていますが、ノロウイルス、ロタウイルスに必ず効くといった記載は一切ありません。


また、


すべてのウイルス・細菌に効果があるというわけではありません【お薬の説明書から引用】


という表示がされている通り、ノンエンベロープウイルスに効果のあるデータはあるものの、全てのウイルス・細菌に確実に効果があるとは言えません。その点を承知しながらの使用するようにして下さい。


《ノンエンベロープウイルスとはなんなの?》



(※)ノンエンベロープウイルスとはエンベロープがないウイルスのことです。エンベロープとは脂質やたんぱく質でできた膜のことを言います。


一般的なアルコール系手指消毒剤では細菌やエンベロープウイルスに効果が期待できますが、ノンエンベロープウイルスに対しては効果が期待できませんでした。


今回の酸性に傾けたアルコール系手指消毒剤では効果が期待できるとされています。


以上、速乾性アルコールスプレー手指消毒剤ハピコムメディスコールのご紹介でした。


お読みいただきありがとうございます。









スポンサーリンク






スポンサーリンク




殺菌・消毒に ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。