So-net無料ブログ作成
眠気覚ましに ブログトップ

ねむけ・だるさにハピコムエスタロンモカ12 [眠気覚ましに]

《はじめに》


車の運転中や仕事中、勉強中など、どうしても眠気を感じてしまうことはありませんか。すぐにその場で休めればいいのですが、休めない場合もあるでしょう。そんな時にはハピコムエスタロンモカ12がオススメです。無水カフェインやビタミン成分が、眠気やだるさの緩和にきちんと働きます。



coffee-beans-690423_640.jpg
[飲みすぎには十分な注意が必要です]



《疑問1:無水カフェインとは?》


無水カフェインは眠気の緩和剤、だるさの除去剤として、眠気覚ましの栄養ドリンクや総合風邪薬などに配合されている成分です。また日常生活でお馴染みの、コーヒーやお茶などにも含まれている成分なのです。この無水カフェインが脳に作用すると、眠気を感じにくくなるのです。コーヒーを飲むと頭が冴える感じがしませんか?それは無水カフェインの働きとも言えるでしょう。



《疑問2:カフェインが入っていれば他の商品でもいいんでしょ?》


はい、問題ありません。眠気やだるさを考えて購入するのであれば、眠気防止剤と記載されているのであれば効果が期待できます。ただ、ハピコムエスタロンモカ12には無水カフェインが1回分で200mgも入っています(これはコーヒー3~4杯のカフェイン量に相当します)。さらにビタミンB1、B6、B12の各種ビタミン剤を配合し眠気やだるさの緩和に働きますので、とてもオススメできる商品なのです。



《少し気になる注意点》


カフェインを取りすぎるとカフェイン中毒の症状がでることもありますので、十分な注意が必要です。例えば、発疹や吐き気、気持ち悪さ、頭痛やふるえなどです。万が一これらの症状が現れたら、受診するようにして下さい。もしも繰り返し使用する場合は、お医者さんに相談をすることが大切です。

また、心臓病や片頭痛などの持病のある方、継続して服用している薬のある方、その様な場合も主治医に相談してから服用する用にして下さい。

とはいえ、基本的な用法を守っていただければそれほど心配する必要もありません。必要な方に、必要なときに飲んでいただけるよう考えた商品でしょう。



《カフェインに頼らない生活を目指すには》


やらなくてはいけないことが多くて、カフェインに頼る場面が多くなるかもしれません。ただ、カフェインの摂り過ぎが身体に害を与えることもありますので、何度も繰り返し飲むことは止めましょう。例えば、朝早く起きて作業をすると、夜に無理をしてやるよりも、やりたいことが早く終わるかもしれません。例えば運転中に眠くなるのであれば、睡眠が足りていないかもしれません。いつもより早く布団に入って、ゆっくり休むことも大切です。生活を一度見直して、本当にカフェインが必要なのか考えてもいいかもしれません。


以上、ハピコムエスタロンモカ12のご紹介と検討でした。
お読みいただきありがとうございます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
眠気覚ましに ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。