So-net無料ブログ作成
排卵日検査薬 ブログトップ

排卵日検査薬・新ドゥーテストLH [排卵日検査薬]

《はじめに》



ロート製薬からハピコムブランドの新ドゥーテストLHが販売されています。


この新ドゥーテストLHは排卵日検査薬です。排卵日検査薬‥?すぐにピンと来る方は多くないかもしれません。ですが、人生で一度は必ず必要になる時がきますので、覚えておいて損はありません。


今回は新ドゥーテストLHを紹介していきます。




(c) .foto project





《疑問1:排卵日検査薬とは?》


子供を持ちたいご夫婦に重宝される排卵日検査薬。このフレーズからなんとなく想像はつくでしょう。排卵日検査薬とは排卵日を予測し、子供の出来やすいタイミングを知る検査薬です


例えば新ドゥーテストLHは、次回生理予定日の17日前から1日1回使い始めます。尿中の黄体形成ホルモン(hLH)濃度を測定し、排卵日前に起こるLHサージ(LHの排卵日前の急激な分泌量の増加)を確認すると陽性になります。陽性になれば、36時間以内に排卵が起こると予測できます。ここ1~2日は積極的な夫婦生活が望ましいのです。



スポンサーリンク








《疑問2:新ドゥーテストLHのウリは何か?》


新ドゥーテストLHは疑問な点をすぐにでも解消できる、お客さまサポートセンターのお問い合わせ先がハッキリしているのがウリだと強く思います。


これは大きく記載していない他社製品が悪いのではありません。ですが、いくら購入窓口で細かく説明を受けたとしてもいざ使い始める時に疑問が浮かぶ場合もあるでしょう。もちろん購入店に聞いても問題はありません。この購入後のフォローができることは良い商品と言えます。


また、使い勝手がとってもいいのです。尿をテストスティックにかけるだけのワンステップ方式のため、使い方が分かりにくいとは思わないでしょう。それから5分待ち、基準線とテストラインを見比べるだけで判定できるので検査結果も容易に分かります。



《疑問3:どこで買えるの?》


ドッラクストアで仕事をしていると、「排卵日検査薬」ありますか?とよく聞かれます。排卵日検査薬を探しているお客さんは意外と多く、実は、排卵日検査薬は処方箋調剤をしている調剤薬局でのみ販売しています。ですので、調剤の併設していないドラックストアでは取り扱っていないのです。


数年前までは購入時に住所や名前の記載も義務付けられており、大変買いにくいお薬でした。ですが今では、薬剤師さんの説明を受ければ、購入できるようになっています。少しだけ手軽になりました。


購入希望の方はお住まいの身近な調剤薬局で尋ねてみていただくか、販売元のホームページを覗いていただくのがお勧めです。


《終わりに》


今回は簡単に排卵日検査薬の概要を記載させていただきました。より詳しいお話は購入店にて対面でしていただくことが大切です。


尚、今回の記事はお読みいただいた方の検査結果に影響を与えるものではありません。使用方法、検査結果等は添付文書をよく読み自己責任でお願い致します。


お読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
排卵日検査薬 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。