So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイエット医薬品 ブログトップ

意外と知られていない肥満症の改善薬・「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠(第2類医薬品) [ダイエット医薬品]

意外と知られていない肥満症の改善薬・「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠(第2類医薬品)





はじめに



肥満症の医薬品といえば小林製薬・ナイシトールやクラシエ薬品のコッコアポなどが有名ですね。どちらも漢方薬の防風通聖散(ボウフウツウショウサン)を配合している医薬品です。


ハピコムグループでもハピコム「クラシエ」防風通聖散エキスFC錠とハピコム「クラシエ」防風通聖散エキスEX錠が販売されています。


このように防風通聖散を配合した漢方医薬品は多くの種類が販売されています。効き目も知名度も高い商品ですので、まさに売れる商品と言ってよいでしょう。


が、大柴胡湯(ダイサイコトウ)については意外と知られておりません。誰もが大柴胡湯?って感じでしょう。商品としては人気のコッコアポシリーズのピンク色パッケージ・コッコアポGに配合されています。


ハピコムグループでも大柴胡湯を配合した「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠が販売されていますので、どのような商品なのか検討していきます。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 大柴胡湯とは
3、 「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠とは
4、 「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠とコッコアポGは異なるのか
5、 さいごに



DSC_0834.JPG



大柴胡湯とは



大柴胡湯とはサイコ、ハンゲ、ショウキョウなどの生薬成分8種類を組み合わせた漢方薬です。体力が充実して、がっちりとした体型の、胃腸が丈夫で、便秘がちな方の肥満症や肩こり、頭痛などに適しています。


有名な防風通聖散と使う方が似ている印象をお持ちになるかもしれません。ナイシトールやコッコアポEXに含まれる防風通聖散も体力が充実して、筋肉質の、胃腸が丈夫な方に適しています。


防風通聖散は常にお腹が空いてしまう、食べてもすぐにもっと食べたい、ついつい食べ過ぎてしまう、そんなエネルギー過多状態に適しています。一方大柴胡湯はストレスやイライラしてしまうと食べすぎてしまい、身体に皮下脂肪が溜まってしまうそんな方に適している漢方薬です。




「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠とは



「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠はハピコムグループで販売されている大柴胡湯配合の漢方薬です。漢方薬と聞いて抵抗がある方もいるかもしれません。本当に効くの?味が苦手なんだけど‥などなど。


「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠は苦味を抑えた錠剤タイプの漢方薬なので、苦くて飲めない、飲みにくい、そんな状況にはまずなりません。


効果に関しては体質が適すれば効果が出ると考えて良いでしょう。またある程度の期間きちんとのみ続けることも重要です。




スポンサーリンク







「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠とコッコアポGは異なるのか



クラシエ薬品から販売しているコッコアポG錠。こちらにも大柴胡湯が配合されています。ハピコムマークの「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠は204錠入りで税込み2550円。対してコッコアポGは312錠入りで税込み4298円です。


価格ははるかに「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠が安いですが、これは17日分と26日分で飲みきる日数が異なります。ただ1日あたりの値段は132.3円と165.3円ですので結局「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠が安くなります。


ちなみに有効成分の大柴胡湯の配合量はともに医療用の半量で1日2700mgです。配合成分量が同じなので効果は同等と考えていいでしょう。



さいごに



大柴胡湯をお探しの場合には、成分の配合量は同等なので、価格の安い「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠がオススメです。お読み頂きありがとうございます。



参考文献:「クラシエ」漢方大柴胡湯エキス錠添付文書


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ナイシトールとハピコム防風通聖散シリーズを比較してみる [ダイエット医薬品]

ナイシトールとハピコム防風通聖散シリーズを比較してみる





はじめに



いつまで同じ漢方薬の話をするんだ‥。と思うかもしれませんが、今回も引き続き防風通聖散(ボウフウツウショウサン)のお話です。



ハピコムグループでは現在2種類の防風通聖散が販売されていますが、防風通聖散といえば小林製薬のナイシトールやロート製薬の和漢箋シリーズ・防風通聖散、クラシエ製薬のコッコアポEXなどが有名ですね。



市販されているお薬の種類が多すぎてどれが望ましいのか分かりにくい状態です。そこで今回は防風通聖散を配合した代表的な商品について検討してみます。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 防風通聖散とは
3、 各商品の特徴
4、 各商品を比べてみる
5、 さいごに



DSC_0830.JPG




防風通聖散とは



防風通聖散とは、体力が比較的ある方の肥満症や便秘の改善に働く漢方薬です。ドラックストアで防風通聖散の各商品は、漢方薬コーナーや脂肪過多症改善売り場などで販売されています。


お腹の脂肪を落とす薬として有名な漢方薬であり、ある程度の売れ個数が期待できるので、小林製薬やロート製薬、クラシエ製薬など大手メーカーがこぞって商品を出しています。


当然、ハピコムグループでもオリジナルブランド商品を販売していますが、以前に何度か記載させていただきましたので、詳しくはこちらを参考にして下さい。


関連記事:おなかにたまった脂肪をやっつけよう!ハピコム防風通聖散料エキスFC錠(第2類医薬品)


関連記事:どちらが優れている?防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠!



スポンサーリンク








各商品の特徴は



それでは、今回取り上げる各商品の特徴を確認してみましょう。


・ナイシトールシリーズ(小林製薬)


ナイシトール85(第2類医薬品)


1日3回タイプが多い中、1日2回の服用で効果が出る貴重な商品。1回5錠と1度に飲む錠数は多めですが、昼の分を忘れてしまうのであればナイシトール85がお勧め。ちなみに防風通聖散料乾燥エキスが1日量2500mg配合されています。


ナイシトールG(第2類医薬品)


1日3回1回4錠の一般的な防風通聖散。有効成分の配合量は1日量3100mgでナイシトール85よりも若干多め。ナイシトール85で効果がみられない場合にはナイシトールGを試してもいいかもしれません。


ナイシトールZ(第2類医薬品)


承認基準内最大量を配合した防風通聖散。配合成分の1日量は5000mg。ナイシトール85やナイシトールGに比べると1日量がはるかに多くなっている。1日3回1回5錠で飲み応えもあります。


・ロート製薬・和漢箋シリーズ(いずれも第2類医薬品)


ロート製薬の防風通聖散では1日3回タイプの商品が2種類、1日2回タイプの商品が1種類あります。配合成分の1日量はそれぞれ3750mg、5000mg、3333mgです。適した体質の方が飲むのであれば満量処方(5000mg)で問題ありません。ただ、強すぎる場合もあるので、3750mgが販売されているのでしょう。


パウチタイプの商品は1日2回1回4錠です。小林製薬のナイシトール85よりも配合成分量は多いので1日2回タイプを選ぶのであればこちらがおすすめです。



・クラシエ・コッコアポEX錠(第2類医薬品)


コッコアポシリーズではオレンジ、赤、ピンク、青などのカラーバリエーションで配合されている漢方成分が異なるようになっています。防風通聖散は赤いパッケージで配合成分が1日量3420mg含まれています。1日3回1回4錠でごく一般的な商品といえます。



各商品を比べてみる


ハピコムグループではハピコム防風通聖散エキスFC錠とハピコム防風通聖散エキスEX錠を販売しています。いずれも1日3回1回4錠です。配合成分の1日量はそれぞれ2850mgと3420mgですが、そのくらいの特徴しかありません。ちなみに1錠あたりの価格はハピコム商品が一番安価になっています。



配合量から1日3回タイプなら


ハピコムFC錠(2850mg)<ナイシトールG(3100mg)<
コッコアポEX錠(3420mg)=ハピコムEX錠(3420mg)<
ロート防風通聖散(3750mg)<ナイシトールZ(5000mg)=ロート防風通聖散(5000mg)



1日2回タイプなら


ナイシトール85(2500mg)<ロート防風通聖散パウチタイプ(3333mg)




さいごに


体力が充実してがっちりタイプの方でしたら5000mg配合しているナイシトールZや和漢箋の5000mgのものを飲んでいただければよいでしょう。1日2回タイプなら和漢箋・防風通聖散で決まりでしょう。価格の面から考えるとやっとここでハピコム商品をすすめることができます。


およみいただきありがとうございます。



参考文献:ナイシトールシリーズ添付文書、コッコアポEX添付文書、和漢箋・防風通聖散添付文書



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どちらが優れている?防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠! [ダイエット医薬品]

どちらが優れている?防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠!





はじめに



ハピコムグループでは肥満症に効果的な防風通聖散(ボウフウツウショウサン)という漢方薬を取り扱っています。62番でお馴染みの防風通聖散はお医者さんからも処方されるお薬です。


この防風通聖散は、ぽっこりお腹の皮下脂肪はもちろん、便秘の解消や肩こり、のぼせ、吹き出物の緩和などにも効果が認められていますし、もちろん肥満の緩和にもオススメできます。


ただ、ハピコムグループでは防風通聖散料エキスFC錠と防風通聖散料エキスEX錠という2種類の商品がありますので、どちらを購入するか迷う場面が出てきます。


今回は防風通聖散料エキスFC錠と防風通聖散料エキスEX錠の違いについて検討していきます。



この記事の目次


1、 はじめに
2、 防風通聖散料エキスFC錠とは
3、 防風通聖散料エキスEX錠とは
4、 防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠
5、 さいごに



DSC_0828.JPG



防風通聖散料エキスFC錠とは



長く販売されている防風通聖散料エキスFC錠。防風通聖散料エキスFC錠とは主に肥満症に効き易い漢方薬のひとつです。購入はインターネットやハピコムグループ加盟店で可能です。


防風通聖散料エキスFC錠は防風通聖散料エキスを1日量2850mg配合した漢方薬です。ちなみに医療用(お医者さんが処方する)の防風通聖散料エキスは1日量4500mg(ツムラ)となっています。


1日量では劣りますが、医師の処方する漢方薬を自分自身で購入できることにメリットがあるのでしょう。防風通聖散を含んだナイシトール(小林製薬)や防風通聖散錠(ロート製薬)なども同様に人気の高い商品です。


防風通聖散料エキスFC錠についてはこちらで記載していますので参考にして下さい。


関連記事:おなかにたまった脂肪をやっつけよう!ハピコム防風通聖散料エキスFC錠(第2類医薬品)



防風通聖散料エキスEX錠とは



すでに想像がつくかもしれませんが、防風通聖散料エキスEX錠は防風通聖散料エキスFC錠よりも多くの防風通聖散料エキス粉末を配合した商品です。1日量は3420mg。防風通聖散料エキスFC錠に比べ570mgも増えています。



もともと医療用には大きく及んでいないのですが、成分量を増やしたことについては効果がより期待できると考えて問題ないでしょう。ただ、防風通聖散料エキスFC錠で効き目がなかったから防風通聖散料エキスEX錠に買い換えるのは、効く可能性もありますし効かない場合もあります。はっきり言って飲んでみなければわかりません。



スポンサーリンク








防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠



有効成分の量が防風通聖散料エキスEX錠の方が多い。この事実ははっきりしています。ですので、比較する意味がありません。それでは金銭面ではどうでしょうか。



・防風通聖散料エキスFC錠:504錠入り:税込み4094円:1錠あたり8.1円
・防風通聖散料エキスEX錠:360錠入り:税込み4094円:1錠あたり11.3円



唯一防風通聖散料エキスFC錠が勝利したのは1錠あたりの値段だけでした。1日12錠は飲まなくてはなりませんから1瓶で42日服用することが出来ます。脂肪過多症の漢方薬は長く飲むと効果が出る場合が多いですから、継続するためには優れた商品と捉えられるでしょう。


ちなみに防風通聖散料エキスEX錠は1瓶で30日服用することができます。防風通聖散料エキスFC錠よりも割高ではありますが、そもそも成分量が少ない状態で効き目があるのか疑問です。きちんとした効果を期待するのであれば割高でもEX錠を購入し続けて飲むべきでしょう。



さいごに



例えばお腹を下し易い体質だけれど、どうしても防風通聖散が飲みたいんだ‥。なんて場合にはFC錠が安全ですが、そもそも体質に合ってなければ効果はそれほど期待できません。実証タイプでしたら少し割高でも成分量の多いEX錠を購入し飲み続けるのがお勧めです。およみいただきありがとうございます。



参考文献:防風通聖散料エキスFC錠添付文書、防風通聖散料エキスEX錠添付文書



スポンサーリンク







コチラの記事も読まれています!


関連記事:おなかにたまった脂肪をやっつけよう!ハピコム防風通聖散料エキスFC錠(第2類医薬品)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

おなかにたまった脂肪をやっつけよう!ハピコム防風通聖散料エキスFC錠(第2類医薬品) [ダイエット医薬品]

おなかにたまった脂肪をやっつけよう!ハピコム防風通聖散料エキスFC錠(第2類医薬品)





はじめに



最近太ったなあ‥。食べ過ぎるし便の流れも悪くて、悪いものが溜まっていく感じ。当然、体重も増えてお腹も出てきてしまって‥。さてどうしよう‥。


そんな時にはハピコム防風通聖散料エキスFC錠(クラシエ薬品株式会社)がオススメです。


もちろん、お腹一杯食べ過ぎないこと、寝る直前に食べないこと、運動を少しでもすること、お薬に頼る前に大切なことは沢山ありますが、それだけでは痩せない、脂肪が取れないといった状況では手助けになります。


防風通聖散はお医者さんからも処方される一般的な漢方薬ですが、服用する方の体質によっては効果が出にくい場合もありますので注意が必要です。


今回はハピコム防風通聖散料エキスFC錠についての記載です。



この記事の目次



1、 はじめに
2、 ハピコム防風通聖散料エキスFC錠とは
3、 ハピコム防風通聖散料エキスFC錠はどんなヒトに向いているのか
4、 ハピコム防風通聖散料エキスFC錠の注意点
5、 さいごに




DSC_0829.JPG




ハピコム防風通聖散料エキスFC錠とは



ハピコム防風通聖散料エキスFC錠はクラシエ薬品から発売されている防風通聖散錠であり、肥満症や肥満に伴う便秘によく効くお薬です。


具体的には腹部の皮下脂肪が多い場合の、便秘がちで身体の循環が悪い場合の肩こり、動悸、のぼせ、高血圧、蓄膿症、湿疹・皮膚炎、にきびなどに防風通聖散の使用が選ばれます(これら全てに当てはまるヒトはほとんどいません。何個か当てはまる症状があれば、効果がみられる可能性が高いので安心してください)。


ところで、ハピコムグループで販売されている防風通聖散は穏やかに進化しています。何度かリニューアルを重ね、より服用するお客さんに効果的であってほしい願いを込めながら。具体的には配合量を増やしています。


現在はハピコム防風通聖散料エキスFC錠とハピコム防風通聖散料エキスEX錠が販売されています。これらを比較した記事も記載しています。


関連記事:どちらが優れている?防風通聖散料エキスFC錠VS防風通聖散料エキスEX錠!



スポンサーリンク







ハピコム防風通聖散料エキスFC錠はどんなヒトに向いているのか



漢方薬がややこしいのは、飲むかたによって効き目が異なる場合があることです。これは体質(仮にこの記事では証とします)が関係しており、漢方薬を飲み始める際には頭に入れておくことも大切です。


今回のハピコム防風通聖散料エキスFC錠は実証タイプのかたに効果が現れ易いのです。実証とは体力が充実して、胃腸が丈夫で、がっちりした筋肉質のかたをイメージしていただければよいでしょう。


まったくその通りでなければならないのではありませんが、例えば、冷たいものを摂っておなかが痛くなったり下してしまう場合には服用には適しません。




ハピコム防風通聖散料エキスFC錠の注意点



服用にあたっていくつかの注意点があります。防風通聖散には便通を改善する作用があります。このため、他の下剤と併用することは出来ません(医師の指示であれば話は別です)。単純に下痢になり身体の水分が失われてしまう危険があるからです。



また、生薬成分ダイオウが授乳で胎児に移行してお子さまがお腹を下す心配があります。授乳中の服用は避けるべきでしょう。



漢方薬は飲む方の体質が重要ですから、例えば、細く痩せている方、胃腸が弱く下痢をしやすい方、大量に汗が出やすい方、ご高齢の方などには適さない場面もありますから必ず医療関係者に相談してから購入をしてください。




さいごに



おなかにたまった脂肪にはハピコム防風通聖散料エキスFC錠がおすすめです。ただ、ご自身の体質を考えて、身体に合わない場合には購入を見送ったり、服用を中止する決断も大切です。お読み頂きありがとうございます。


参考文献:ハピコム「クラシエ」防風通聖散料エキスFC錠添付文書










スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ダイエット医薬品 ブログトップ