So-net無料ブログ作成
検索選択
花粉症ののみ薬 ブログトップ

アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい!? [花粉症ののみ薬]

更新:2017/5/26



アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい!?






はじめに



ハピコムグループではアレジオン20(NB)と同じエピナスチン塩酸塩を配合したアレジラスト20(PB)を販売しています。同じ効果を期待できますが、プライベートブランドですから価格は安価に設定されているメリットがあります。


同じく抗アレルギー剤に分類されるアレグラFX(久光製薬)やクラリチンEX(大正製薬)も市販で購入できるようになりましたが、アレジラスト20やアレジオン20(エスエス製薬)との効果の差はあるのでしょうか。各成分の添付文書を確認しながら検討していきます。


尚、アレジラスト20についてはこちらの記事が参考になります。


関連記事:鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!(第2類医薬品)




この記事の目次



1、 はじめに
2、 アレジラスト20の有効成分
3、 アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい?
4、 アレグラについて
5、 クラリチンについて
6、 さいごに




アレジラスト20の有効成分




アレジラスト20はかの有名なアレジオン20と同様のエピナスチン塩酸塩20mgを主成分としています。エピナスチン塩酸塩は医療用でも長く使用されており、とても安全性、有効性に優れた成分といえます。


市販薬になる際に、まずエピナスチン10mgが認可されました。アレジオン10やアレジラスト10の記憶がある方はとても素晴らしいです。もちろんこれまでも医療用では10mg、20mgどちらも使用されていましたが、鼻水、くしゃみなどの緩和目的では20mgでも10mgでも効果はほとんど変わらないデータがあります。エピナスチン塩酸塩に関しては、飲む量が多ければ効果があるとは一概には言えないのも面白いところですね。


今ではアレジオン20(エピナスチン塩酸塩20mg)の販売許可もおり、アレジオン10は市場からなくなりつつあります(個人的には7歳以上からのお子さまへの使用でアレジオン10を販売する案でどうかな、と思いますが‥)。




アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい?




アレグラもクラリチンもアレジラストも同じ抗アレルギー薬の分類ですから効果は似通っているのかな、と考えるところですが、その通りです。服用される方によって効きが違う場合もありますから、どれが強いとは言えないのが残念です。使い分けは用法で選ぶのがよいでしょう。


ただし、それは鼻水やくしゃみなどの症状に関して、です。鼻づまりの症状は話が違います。こちらの添付文書を見てください。


DSC_1095.JPG
出典:アレジオン錠10、20添付文書


2、ロイコトリエンC4(LTC4)及びPAF拮抗作用という記載がありますね。ロイコトリエンとは喘息や鼻炎などを引き起こすアレルギー物質のひとつです。ロイコトリエンには血管拡張作用があり、鼻づまりを起こしてしまう原因にもなります。


エピナスチン塩酸塩はこのロイコトリエンの血管拡張作用を抑制する働きがありますから、鼻づまりを緩和する効果が期待できるのです。もし鼻水やくしゃみに加えて、鼻づまりが気になるのであればアレジラスト20やアレジオン20を選ぶのがよいでしょう。




アレグラについて




ここで話が終わりでも良いのですが、ついでにアレグラの添付文書を見てみましょう。


DSC_1094.JPG
出典:アレグラ30、60添付文書


ヒスタミン受容体拮抗作用、Ⅰ型アレルギーに対する作用、好酸球・炎症性サイトカインに対する作用、ケミカルメディエーター遊離抑制作用と、身体のアレルギー反応を緩和する効果がいずれも期待できますから、喘息やアレルギー性鼻炎などに適していることに間違いありません。


ケミカルメディエーター遊離抑制の欄にはロイコトリエン量を減少させた、という記載もあり鼻づまりに完全に効かないわけではなさそうです。




クラリチンについて




最後にクラリチンの添付文書を確認しましょう。薬効薬理の欄には‥


DSC_1097.JPG
出典:クラリチン添付文書


ヒスタミン受容体拮抗作用、抗原誘発反応に対する作用など、やはりアレルギーの反応を抑制する作用が認められています。作用の持続性の記載もあり、1日1回の服用で効果があるのもメリットといえますね。


気になるのはその他の欄に、ロイコトリエンC4遊離を抑制し、の記載があります。これはロイコトリエンの反応を抑えるのですから、やはり鼻づまりにも効果がありますね。




さいごに




添付文書から比較検討してきましたが、薬効薬理の欄に大きくロイコトリエン拮抗作用と記載があるのはアレジオンです。これならは鼻づまりにも効果があるに言っても問題ないでしょう。


(ただし、アレグラにはLT量の減少、クラリチンにはLT遊離抑制の記載がありますので完全に鼻づまりに効果がないとは言えません)


鼻水やくしゃみなど、また1日2回の服用が手間でなければアレグラFXを、1日1回でしたらクラリチンEXを、鼻づまりが気になる場合にはアレジラスト20やアレジオン20を選択すれば間違いないでしょう。ドラックストアのスタッフさんがアレジラスト20やアレジオン20を勧めるのは鼻づまりも考えてくれているのかな、と想像していただければ幸いです。


お読み頂きありがとうございます。


参考文献:アレジオン20添付文書、アレグラ60添付文書




【第2類医薬品】 アレジラスト20 20錠 【セルフメディケーション税制対象】





スポンサーリンク







スポンサーリンク








こちらの記事も読まれています!



関連記事:どうしようもない疲れにマージョンDX3000αがおススメ


関連記事:身体の弱っている時の栄養補給は新ヒストミンゴールド液で決まり


関連記事:アリナミンEXプラスVS新パワーアクトEX


関連記事:鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!


関連記事:エンクロンEXはエフェクトプロに名前が変わりましたよ!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【アレグラFXのお得版】フェキソフェナジン錠AG(第2類医薬品)! [花粉症ののみ薬]

【アレグラFXのお得版】フェキソフェナジン錠AG(第2類医薬品)!





はじめに



アレグラFX(久光製薬)といえばテレビコマーシャルでもお馴染みですから、ご存知の方が多いと思います。ハウスダストや花粉などが原因で鼻炎や眼の痒みを感じることはありませんか。そうであればアレグラFXを継続して飲むと症状が和らぐでしょう。


アレグラFXと同じ内容を配合したフェキソフェナジン錠AGをハピコムグループでは販売しています。フェキソフェナジンとはアレグラFXに配合されている有効成分まさにそのものの名前です。ハピコムブランドであるため、効果はまったく同じですが、比較的安く手に入るのがメリットといえるでしょう。


今回はハピコムブランドのフェキソフェナジン錠AGについて記載していきます。



この記事の目次



1、 はじめに
2、 アレグラFXとは
3、 フェキソフェナジン錠AGとは
4、 フェキソフェナジンについて
5、 さいごに




アレグラFXとは



アレグラFXは春や秋の花粉シーズンになると販売個数がぐーんと上昇する鼻炎薬のひとつです。アレグラって聞いたことはありませんか?そうです、内科や耳鼻科に花粉症で受診するとお医者さんが処方してくれるあのお薬です。市販されているアレグラFXも、医療用(お医者さんが処方する)のアレグラ60mgと配合成分、配合量は同様です。


鼻炎のお薬はドラックストアでいくつか販売されていますが、アレグラFXと同じ分類となるのは、アレジオン20(エスエス製薬)やクラリチンEX(大正製薬)です。



フェキソフェナジン錠AGとは


フェキソフェナジン錠AGはハピコムグループで販売している鼻炎薬です。医療用でジェネリック医薬品って聞いたことはありませんか。ジェネリック医薬品とは効能効果が同じで価格が安いお薬のことです。つまり、フェキソフェナジン錠AGはアレグラFXのジェネリック医薬品のようなものなのです。


同じ成分を含みますから、当然効果も同様ですし、そのお値段も安価に設定されています。もちろん1日2回1回1錠というのも同じです。抗アレルギー薬に関しては継続して服用することで症状が緩和するものですから、価格が安いということは購入し易く続けやすい要因になります。



フェキソフェナジンについて



有効成分のフェキソフェナジンは第二世代の抗アレルギー剤に分類できます。第二世代とは第一世代に比べて、作用の立ち上がりは穏やかですが、のどの渇きや眠気、口の渇き等の悪い作用が出にくいことが特徴です。花粉のシーズンに、毎年花粉症の鼻炎やくしゃみで困る、場合にはそのシーズンが始まったらすぐに継続して飲むのがもっとも効果的です。


ちなみにフェキソフェナジンは中枢神経抑制作用が少ないために眠気や判断力、集中力の低下がおこりにくいことでも知られています。鼻炎薬を飲むと身体が思うように動かない、だるいなどと感じる場合にフェキソフェナジンは適しています。


一方、第一世代の成分を含む市販薬はストナリニS(佐藤製薬)やコンタック600Sプラス(グラクソスミスクライン)などが挙げられます。これらは効果の立ち上がりは早いものの、眠気や口の渇きが出やすいことで知られています。


今では、第二世代の抗アレルギー剤を服用しながら、ひどい時には第一世代の成分を飲む、といった処方も見受けられますが、第一世代のみを継続して処方することは少ないようです。



さいごに



花粉による鼻炎やくしゃみ、鼻水などの症状にお困りの場合には早めにフェキソフェナジン錠AGを継続して服用することがおすすめです。お読み頂きありがとうございます。



参考文献:フェキソフェナジン錠AG添付文書









スポンサーリンク








スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉で苦しむ時代は終わり!花粉症で使用できるハピコム商品をまとめてみたよ! [花粉症ののみ薬]

花粉で苦しむ時代は終わり!花粉症で使用できるハピコム商品をまとめてみたよ!





はじめに



2月も終わりに近づき、花粉症で苦しい季節がやってきました。テレビCMでもしていますが、市販薬ではクラリチンEX(大正製薬)が新発売になりました。ここ数年間でアレジオン20、アレグラFXなど処方箋なしで購入できる鼻炎薬が増えるのは、お客さんにとってもとても便利です。


ハピコムグループで取り扱っている鼻炎薬や点鼻薬についてこれまで記載させていただきましたが、今回はそのまとめ記事です。ハピコム商品だけで花粉シーズンが乗り切れるのか検討していきます。



この記事の目次



1、 はじめに
2、 まずは飲み薬から
3、 点鼻薬も合わせよう
4、 目薬は?
5、 さいごに



DSC_0996.JPG




まずは飲み薬から



以前にも述べさせていただきましたが、市販されている鼻炎薬は大きく2種類に分けることができます。


① 即効性があるけれど、のどの渇きや眠気が気になるもの(第一世代)

② じわじわ効いてくるが、悪い作用が少ないもの(第二世代)


鼻炎の薬は症状が出る前から早めに飲むのが効果的、というフレーズを聞いたことはありませんか。これは②に該当し、市販薬ではアレグラFXやアレジオン20、そして今回新発売になったクラリチンEXなどが当てはまります。


ハピコムブランドではアレジラスト20やルキノンAZ、フェキソフェナジン錠AZなどが当てはまります。いずれも第二世代のアレルギー薬と言われ、効果の発現はゆっくりですが、眠気やのどの渇きなど気になる症状に関しては出にくくなっています。


関連記事:鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!


関連記事:鼻炎にも皮膚にも使えるハピコムルキノン錠AZ


実は現在、花粉症で処方されるお薬のほとんどが②の分類のものです。運転や仕事など、眠くなると日常生活に支障がある場合も多く、①を長期に処方することはほとんどありません。症状がひどいときのみ頓用的に第一世代を処方する傾向にあります。


第一世代成分を配合した市販薬はとても多く、ハピコムでは鼻炎薬Aクニヒロが該当します。鼻づまりの改善に効果的なプソイドエフェドリンが配合され、また第一世代の抗ヒスタミン成分d-クロルフェニラミンが鼻水を緩和します。


関連記事:眠くても、のどが渇いてもいいからすぐ効く鼻炎薬ない?ハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」


即効性で選ぶなら断然、第一世代ですが眠くなることはほぼ間違いありません。眠くならないまでも、普段よりもふらっとしたり、意識がぼんやりするなど、能力の低下が起こる可能性があります。運転することを仕事にしていたり、危険な作業を伴う場合にはお勧めはできません。


結局、眠くなってもいいから早く効いて欲しい場合には鼻炎薬Aクニヒロを、まだ症状が軽いのでじわじわでもOKならばアレジラスト20やルキノンAZなどを飲み始めれば問題はないでしょう。



点鼻薬も合わせよう



飲み薬で不安な場合、症状がすっきりしない場合には点鼻薬を組み合わせると効果的です。ステロイド剤配合の点鼻薬でしたらある程度(1ヶ月程度)継続するのが効果的ですが、血管収縮薬を配合した点鼻薬を用いる場合には短期的な使用がオススメです。


ハピコム商品ではスットノーズα点鼻薬が有名ですが、この商品は血管収縮薬のナファゾリンを配合していますので、鼻づまりが気になるときに1回使用していただくのが望ましいでしょう。毎日決められた回数でも構いませんが、継続すると症状が悪くなってしまうことがあります。



関連記事:【花粉症でお困りのあなたに】ハピコム人気の点鼻薬と言えばスットノーズα点鼻薬!



目薬は?



眼の痒みには飲み薬が効果的とは言えません。わずかに効果は期待できるでしょうが、目薬をさすのが無難でしょう。目薬には(値段の高めな)アレルギーの反応を抑えるものと、(値段の安めな)その時のかゆみ自体を抑えるものがあります。


ロート製薬のアルガードシリーズを例に挙げると、アルガードSに関してはその時のかゆみを抑えるものですが、アルガードクリアブロックはアレルギーの反応を抑えるものです。前者はそのシーズン中、気になったときに続けて使用するものですが、後者は継続的に使用することで、徐々に症状自体が気にならなくなってきます。


ハピコムブランドではフォスターALGというその時の痒みを緩和する目薬が販売されていましたが‥どうやら販売は終了したようです。



さいごに



ハピコムブランドで花粉に対応した場合、早めに飲み始めるのであれば、アレジラスト20又はルキノンAZ又はフェキソフェナジン錠AZ+スットノーズα点鼻薬(+目薬)を、多少眠くなってもいいからすぐ効くものを希望する場合には、鼻炎薬Aクニヒロ+スットノーズα点鼻薬(+目薬)で決まりでしょう。


早めの花粉対策から辛い時期を乗り越えましょう。お読み頂きありがとうございます。



スポンサーリンク






スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!(第2類医薬品) [花粉症ののみ薬]

更新:2017/5/26



鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!(第2類医薬品)






はじめに




まだまだ寒い時期が続きますが、春が近づくと花粉の季節になります。花粉症でお困りの方は毎年この季節はどう過ごしていますか。マスクや手洗いはもちろんですが、薬を飲んではいませんか。


内科や耳鼻科にかかれば、もちろん鼻水やくしゃみ、眼の痒みなどの症状が緩和されるでしょう。お医者さんはあなたに適した薬を処方してくれますから。


とはいえ、仕事や家庭が忙しく受診する暇はない、そんな方も多くいらっしゃるでしょう。そんな時にはドラックストアの出番です。


今回はアレジオン20のハピコムPB商品アレジラスト20についてのご紹介です。




この記事の目次



1、 はじめに
2、 アレジラスト20とは
3、 アレジオン20との比較
4、 その他鼻炎薬(市販)との比較
5、 さいごに




DSC_0950.JPG



ちなみにアレジラスト20のパッケージの右上に税控除対象の記載があります。これはセルフメディケーション税制対象商品の目印です。この制度に関してはこちらの記事を参考にして下さい。


参考記事:セルフメディケーション税制度にハピコム商品は対象となるのかな




アレジラスト20とは




アレジラスト20はハピコムグループで販売されているアレルギー専用の鼻炎薬です。有効成分はエピナスチン塩酸塩20mg。これは医療用のアレジオン20や市販されているアレジオン20(エスエス)と同成分のお薬です。つまりお医者さんで貰えるアレジオン20と同じ効果の期待できる商品といえます。


ん?お医者さんででる薬がドラックストアで購入できるのであれば病院に行く必要があるの?とお思いになるかも知れません。それはその通りで、毎年同じ症状でお困りであれば受診をせずにドラックストアで購入するのもひとつの考え方です。


ただ、春先にはインフルエンザもまだまだ流行る時期ですので、風邪なのか、インフルエンザなのか、花粉症なのか、判断がつかない場合には必ず受診することが大切です。




アレジオン20との比較




アレジラスト20と(医療用又は市販の)アレジオン20の有効成分はまったく同じものです。ですからその効果は同等といえるでしょう。ただ、価格に大きな差があります。


市販されているアレジオン20は12錠入りが税込み2138円です。これに対してアレジラスト20は20錠入りで税込み2138円。つまり8錠(8日分)ほどアレジラスト20がお得な計算になります。


この日数の差は意外と重要で、抗アレルギー薬に分類される医薬品は、継続服用して効果を示すものが多くあります。有効成分エピナスチンも例外ではなく、毎日継続して飲んだほうが効き目がでやすいのです。


製造メーカーや製造過程の添加物の差はありますが基本的にはアレジラスト20がお得です。




その他鼻炎薬(市販)との比較




市販の鼻炎薬は大きく2種類に分けられます。即効性は期待できるが、眠気やのどの渇きが出やすい商品と、眠気や口渇は出にくく継続して飲むことで効果的な商品です。アレジラスト20は後者に分類されます。


どうしてもすぐに緩和したい場合には前者を選択しますが、眠気を感じて日常生活に支障が出るようならば控えるべきです。また、心臓病や高血圧、糖尿病などの持病を持つ方にはお勧めできません。身体への影響が考えられるからです。


具体的な商品としてはストナリニ(佐藤製薬)、パブロン鼻炎薬(大正製薬)、エスタック鼻炎薬(エスエス)などです。


現在は副作用が少ない後者が一般的になりつつあります。例えばアレグラFX(フェキソフェナジン:久光)やアレジオン20(エピナスチン:エスエス)が該当します。アレグラFXは1日2回の服用で血中濃度を安定させ効果的に働きます。対してアレジオン20は就寝前に1日1回1錠ですから、飲み易さの点ではアレジオン20が勝るといえます。


効果の面では飲む方の体質の影響がありますのでどちらが強いとは言えません。ただ、比較的昔(1994年発売)から販売されており安全性に優れたエピナスチンよりはフェキソフェナジンを配合したアレグラ(2011年発売)の方が効き目は鋭いと感じている方もいます。



関連記事:アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい!?


関連記事:【アレグラFXのお得版】フェキソフェナジン錠AG(第2類医薬品)!




さいごに




今回は新発売となったアレジラスト20について紹介させていただきました。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状でお困りでしたらドラックストアで探してみてもいいかもしれません。


お読み頂きありがとうございます。


参考文献:アレジラスト20添付文書





【第2類医薬品】 アレジラスト20 20錠 【セルフメディケーション税制対象】






【第2類医薬品】アレジオン20 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品






スポンサーリンク






スポンサーリンク







こちらの記事も読まれています!



関連記事:どうしようもない疲れにマージョンDX3000αがおススメ


関連記事:身体の弱っている時の栄養補給は新ヒストミンゴールド液で決まり


関連記事:アリナミンEXプラスVS新パワーアクトEX


関連記事:エンクロンEXはエフェクトプロに名前が変わりましたよ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

眠くても、のどが渇いてもいいからすぐ効く鼻炎薬ない?ハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」 [花粉症ののみ薬]

《はじめに》


とにかくすぐに効く、ということで人気の高いハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」。鋭い効果と同時に、眠気、のどの渇きといった悪い作用も目立ちます。また、服用を避けていただく場合もあり、意外と注意が必要な鼻炎薬なのです。



sky-690293_640.jpg
[鼻の通りも良くなるでしょう]



《疑問1:他の鼻炎薬でもいいんでしょ?》


はい、問題ありません。その時のご自身の症状に合わせたお薬を選んでいただければどちらの鼻炎薬でもかまいません。


ハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」について言えば、クロルフェニラミンマレイン酸塩という抗ヒスタミン剤がくしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を和らげます。またベラドンナ総アルカロイドが粘液の分泌を抑え、鼻水症状を和らげます。PSEと称されるプソイドエフェドリンは鼻づまりの改善によく効きます。さらに、頭の重い感じを和らげる無水カフェインと炎症止めとしてグリチルリチン酸が配合されています。



《疑問2:アレグラFXとかアレジオン20のほうが有名じゃない?》


花粉症で内科や耳鼻科にかかるとアレグラやアレジオンが処方されることがあるでしょう。眠気やのどの渇きも少なくて済み、効果も期待できるという点からも良いお薬ですね。今はドラックストアで購入することもでき、非常に便利な世の中となりました。


アレグラやアレジオンが第2世代のアレルギー薬に分類されるのに対して、ハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」に含まれるクロルフェニラミンは第1世代の抗ヒスタミン薬です。この第1世代はその効果に即効性が期待できるものの、眠気やのどの渇きが出やすいのが弱点です。



《疑問3:第1世代と第2世代、どちらを選べばいいの?》


表題の通り、眠気やのどの渇きを気にしないのなら、第1世代の抗ヒスタミン剤配合のハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」を選びましょう。第2世代のアレグラやアレジオンではひどくなる前に飲み始め、そのまま飲み続けることが大切です。早い段階で飲めるようなら第2世代のお薬を選びましょう。



《少しだけ気にしてほしい注意点》


前立腺肥大症による排尿障害の方は、抗ヒスタミン剤によって症状が悪化する恐れがあるので服用しないで下さい。また、鼻づまりの効果を示すプソイドエフェドリンは交感神経刺激作用により、高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病に影響を及ぼす可能性がありますので、該当する方は避けるようにしてください。


眠気を催す成分も配合されていますので、運転はできる限り避けるようにしてください。
ここに記載されていない注意点も多くありますので、お薬の説明書をお読みいただき使用するようにして下さい。


以上、ハピコム鼻炎薬A「クニヒロ」のご紹介と検討でした。
お読みいただきありがとうございます。









スポンサーリンク






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鼻炎にも皮膚にも使えるハピコムルキノン錠AZ [花粉症ののみ薬]

《はじめに》


秋や春の花粉、ハウスダストで鼻炎やくしゃみ、蕁麻疹、かゆみなどでお困りの方はいませんか?学校も仕事も忙しくてなかなか病院にも行けない。そんなあなたにオススメのアレルギー専用治療薬が販売されています。それがハピコムルキノン錠AZです。



meadow-123280_640.jpg



《疑問1:ハピコムルキノン錠AZ?聞いた事ないけれど?》


はい、そんなに有名でないかもしれません。

このハピコムルキノン錠AZは鼻炎のお薬コーナーで見つけることが出来ます。ハピコムルキノン錠AZに配合されているアゼラスチン塩酸塩は耳鼻科や皮膚科のお医者さんも使用しているアゼプチンというお薬の成分です。医療用でも昔から処方されていますので比較的安全性の高い成分と考えられます。


エーザイさんから販売されているスカイナーAL錠もアレルギー専用治療薬として有効成分アゼラスチン塩酸塩を含むので、ハピコムルキノン錠AZはその類似品と言えるでしょう。



《疑問2:効き目はどうなのさ?》


鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど、症状の出始めに、つらくなる前に飲み始めると良く効きます。
どの成分が効きやすいかは個人差や体質の違いも関係してくるのですが、お店で購入できる花粉症のお薬としては現在、アレグラFX(久光製薬さん)やアレジオン20(エスエス製薬さん)が主流になっています。


アレグラFXは1日2回服用という手間はあるものの、医療用でも幅広く使われていること、眠気やのどの渇きが出にくいこともあり、人気のある商品です。また、アレジオン20は1日1回の服用で24時間効果が期待できるので、飲み忘れしやすい方にオススメできる商品です。


皮膚科ではアレグラ、アレジオンも処方されるのですが、第1類医薬品のアレグラFXや第2類医薬品のアレジオン20では皮膚の症状では適応が通っておりません(注意:医療用は適応が通っている)。ですので、購入時に皮膚の湿疹で購入したいと相談を持ちかけると購入できないかもしれません。


それに対して、ハピコムルキノン錠AZは皮膚症状に適応が通っているので、皮膚の腫れやかゆみにもご安心して購入できる商品になっています。




DSC_0468.JPG



《少しだけ気になる注意点》


ハピコムルキノン錠AZはアレルギー用薬ですので、かぜの鼻炎症状や虫刺され、化膿した皮膚症状には使用しないで下さい。例えば発熱や咳、色のついた鼻水などの症状があればかぜの可能性があります。判断がつきにくい場合には必ず主治医・薬剤師・登録販売者の判断を仰ぐようにして下さい。


また、眠気を感じる場合もありますので、服用中の運転は避けるようにして下さい。
服用の際は必ずお薬の説明書をお読みになってからご使用するようにして下さい。


以上、ハピコムルキノン錠AZのご紹介・検討でした。
お読みいただきありがとうございます。






花粉症ののみ薬 ブログトップ