So-net無料ブログ作成

鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!(第2類医薬品) [花粉症ののみ薬]

更新:2017/5/26



鼻炎の季節にはアレジラスト20で決まり!(第2類医薬品)






はじめに




まだまだ寒い時期が続きますが、春が近づくと花粉の季節になります。花粉症でお困りの方は毎年この季節はどう過ごしていますか。マスクや手洗いはもちろんですが、薬を飲んではいませんか。


内科や耳鼻科にかかれば、もちろん鼻水やくしゃみ、眼の痒みなどの症状が緩和されるでしょう。お医者さんはあなたに適した薬を処方してくれますから。


とはいえ、仕事や家庭が忙しく受診する暇はない、そんな方も多くいらっしゃるでしょう。そんな時にはドラックストアの出番です。


今回はアレジオン20のハピコムPB商品アレジラスト20についてのご紹介です。




この記事の目次



1、 はじめに
2、 アレジラスト20とは
3、 アレジオン20との比較
4、 その他鼻炎薬(市販)との比較
5、 さいごに




DSC_0950.JPG



ちなみにアレジラスト20のパッケージの右上に税控除対象の記載があります。これはセルフメディケーション税制対象商品の目印です。この制度に関してはこちらの記事を参考にして下さい。


参考記事:セルフメディケーション税制度にハピコム商品は対象となるのかな




アレジラスト20とは




アレジラスト20はハピコムグループで販売されているアレルギー専用の鼻炎薬です。有効成分はエピナスチン塩酸塩20mg。これは医療用のアレジオン20や市販されているアレジオン20(エスエス)と同成分のお薬です。つまりお医者さんで貰えるアレジオン20と同じ効果の期待できる商品といえます。


ん?お医者さんででる薬がドラックストアで購入できるのであれば病院に行く必要があるの?とお思いになるかも知れません。それはその通りで、毎年同じ症状でお困りであれば受診をせずにドラックストアで購入するのもひとつの考え方です。


ただ、春先にはインフルエンザもまだまだ流行る時期ですので、風邪なのか、インフルエンザなのか、花粉症なのか、判断がつかない場合には必ず受診することが大切です。




アレジオン20との比較




アレジラスト20と(医療用又は市販の)アレジオン20の有効成分はまったく同じものです。ですからその効果は同等といえるでしょう。ただ、価格に大きな差があります。


市販されているアレジオン20は12錠入りが税込み2138円です。これに対してアレジラスト20は20錠入りで税込み2138円。つまり8錠(8日分)ほどアレジラスト20がお得な計算になります。


この日数の差は意外と重要で、抗アレルギー薬に分類される医薬品は、継続服用して効果を示すものが多くあります。有効成分エピナスチンも例外ではなく、毎日継続して飲んだほうが効き目がでやすいのです。


製造メーカーや製造過程の添加物の差はありますが基本的にはアレジラスト20がお得です。




その他鼻炎薬(市販)との比較




市販の鼻炎薬は大きく2種類に分けられます。即効性は期待できるが、眠気やのどの渇きが出やすい商品と、眠気や口渇は出にくく継続して飲むことで効果的な商品です。アレジラスト20は後者に分類されます。


どうしてもすぐに緩和したい場合には前者を選択しますが、眠気を感じて日常生活に支障が出るようならば控えるべきです。また、心臓病や高血圧、糖尿病などの持病を持つ方にはお勧めできません。身体への影響が考えられるからです。


具体的な商品としてはストナリニ(佐藤製薬)、パブロン鼻炎薬(大正製薬)、エスタック鼻炎薬(エスエス)などです。


現在は副作用が少ない後者が一般的になりつつあります。例えばアレグラFX(フェキソフェナジン:久光)やアレジオン20(エピナスチン:エスエス)が該当します。アレグラFXは1日2回の服用で血中濃度を安定させ効果的に働きます。対してアレジオン20は就寝前に1日1回1錠ですから、飲み易さの点ではアレジオン20が勝るといえます。


効果の面では飲む方の体質の影響がありますのでどちらが強いとは言えません。ただ、比較的昔(1994年発売)から販売されており安全性に優れたエピナスチンよりはフェキソフェナジンを配合したアレグラ(2011年発売)の方が効き目は鋭いと感じている方もいます。



関連記事:アレジラスト20は鼻づまりに効きやすい!?


関連記事:【アレグラFXのお得版】フェキソフェナジン錠AG(第2類医薬品)!




さいごに




今回は新発売となったアレジラスト20について紹介させていただきました。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状でお困りでしたらドラックストアで探してみてもいいかもしれません。


お読み頂きありがとうございます。


参考文献:アレジラスト20添付文書





【第2類医薬品】 アレジラスト20 20錠 【セルフメディケーション税制対象】






【第2類医薬品】アレジオン20 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品






スポンサーリンク






スポンサーリンク







こちらの記事も読まれています!



関連記事:どうしようもない疲れにマージョンDX3000αがおススメ


関連記事:身体の弱っている時の栄養補給は新ヒストミンゴールド液で決まり


関連記事:アリナミンEXプラスVS新パワーアクトEX


関連記事:エンクロンEXはエフェクトプロに名前が変わりましたよ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0