So-net無料ブログ作成
検索選択

身体の弱っている時の栄養補給は新ヒストミンゴールド液で決まり [風邪のお供にヒストミンゴールド]

《はじめに》



ハピコムを語る上で避けては通れない商品。それが新ヒストミンゴールド液です。


なぜ避けては通れないかというと、ハピコムブランドで人気のあり、粗利も取れる、主力商品だからです。


なに?新ヒストミンゴールド液?聞いたことないけれど?とお思いになるかもしれません。


風邪の時に飲む栄養ドリンクとして広く知られているのは新リコリス「ゼンヤク」(全薬工業)でしょう。新リコリスの類似品だと考えていただければ問題ありません。


今回はハピコム新ヒストミンゴールド液についてのご紹介です。




(c) .foto project




《新ヒストミンゴールド液とは?》



風邪による身体のだるさに良く効く医薬品の栄養ドリンクです。15歳以上から服用でき、薬の苦味を抑えたとにかく甘い液体の飲み薬です。


1日3回が基本の飲み方ですが、ノンカフェインのため寝る前に飲んで、寝付けないという場面は出てきませんのでぐっすり眠ることが出来ます。


また、漢方薬や漢方を含むものでなければ、他の薬と併用することもできるのも嬉しい特徴のひとつです。



DSC_0550 (1).JPG



なぜ、おすすめなのか?



医薬品の栄養ドリンクなので、ドリンクの効能が認められています


例えば、疲れたときに飲むといえば、リポビタンD(大正製薬)やチオビタ(エスエス製薬)が有名ですね。


タウリンやビタミンB郡の働きで、疲労回復効果が期待できるでしょう。


ただ、これらは医薬部外品です。医薬部外品は効果が期待できるものであり、医薬品は効果が認められているものです。


薬事法で明確に区分されています。お金を出して購入するものですし、医薬部外品ではなく医薬品を選ぶのが良いでしょう。


つまり新ヒストミンゴールド液は医薬品だからおすすめできるのです。




それで、何に効くの?



新ヒストミンゴールド液は、


・病中病後・発熱性消耗性疾患・肉体疲労・胃腸障害・栄養障害などの場合の栄養補給
・滋養強壮
・虚弱体質


の効能を取得しています。


栄養補給として、だるいな、疲れたな、と思ったときに飲んでも問題はありません。


ただ、薬のため体質に合わない場合もあります。


長期連用を避けてください、の記載もある通り何日も続けて飲むものではないでしょう。


メインの使い方はやはり風邪時です。熱がある時、のどの痛い時、食欲がない時など、新ヒストミンゴールド液に配合される有効成分がつらい症状の緩和に働きます



成分はどんなものが入っているの?



8種類の有効成分が優れた効果を発揮します。


・カンゾウエキス
・ショウキョウエキス
・トウヒエキス
・麦門冬エキス
・ピリドキシン
・ニコチン酸アミド
・パンテノール
・タウリン


カンゾウエキスの抗アレルギー作用や抗炎症作用によってアレルギーの反応を抑え、くしゃみや鼻水、眼の痒みやのどの赤みに効果を示します。


ショウキョウエキスにはショウガオールとジンゲロールが含まれます。ショウガオールが血行を改善し、身体を温める働きがあり、ジンゲロールには免疫力を高める効果があります。また、トウヒエキスと同じく健胃薬としても働きます。


麦門冬湯エキスはのどを潤し痰の切れを良くし、咳を和らげます。


体内でのエネルギーの産生を補助するビタミンB6やニコチン酸アミド、パンテノールが含まれます。


身体の疲労回復を担う肝臓の働きを補助するタウリンが配合されているので、肉体疲労や栄養補給にぴったりなのです。



悪い作用はないの?



あります。


例えば、カンゾウを含む風邪薬や栄養ドリンクと一緒に飲むと偽アルドステロン症がでることがあります


偽アルドステロン症では、手足のだるさ、しびれ、こわばり、脱力感や筋肉痛を感じることがありますが、基本的にはカンゾウの服用をすぐに中止すれば重篤にはならないといわれています。異常があれば中止してよいでしょう。


注意書きにむくみや高血圧の方は相談の記載がありますが、副腎皮質ホルモンであるアルドステロンには体内に水分や塩分を溜め、むくみを引き起こしたり、血圧を上昇させる作用があります。


このアルドステロン様作用が出る方もいるので念のため「相談すること」に記載されています。


もちろん持病がある場合や服用中の薬がある場合は主治医か薬剤師に相談することが大前提です。



おまけ:なぜドラックストアのスタッフに薬の相談をすると、ハピコム商品を勧めてくるの?



ハピコム商品は自社(グループ)商品のため基本的に粗利が取れます。粗利とは売価(販売価格)-原価(納入価格)で求められ、純粋なお店の儲けです。


会社の利益を出すためにハピコム加入店のドラックストア(イオンやウエルシアなど)ではスタッフがハピコム商品を勧めてくる場合が多くなります。


もちろん、他のドラックストアでもプライベートブランドの販売に力を注いでいます。


これを嫌がるお客さんもいるでしょうが、経営をしていく上で赤字を出さないための企業努力ですから多めに見ていただければ幸いです。不要でしたら適当にあしらってください


赤字が続きそのドラックストアが閉店してしまったら不便に感じるお客さんもいるでしょう。


もちろん買う、買わないはお客さんの判断になりますので、無理に購入する必要はまったくありません。



さいごに



今回はハピコムの主力商品・新ヒストミンゴールド液のご紹介でした。


プライベートブランドは効果がない、粗利をとる為だけの商品だ‥。とは決して思わないで下さい。


ドラックストアのスタッフさんたちはお客さんの症状に合った効き目の確かなハピコム商品を、自信を持って販売しているはずですから。


お読みいただきありがとうございます。





【第2類医薬品】ハピコム新ヒストミンゴールド液 30ML*3本





こちらの記事も読まれています!


関連記事:眼精疲労・肩こり・腰痛には新パワーアクトEXで決まり


関連記事:どうしようもない疲れにマージョンDX3000αがおススメ


関連記事:新ヒストミンゴールド液VS新リコリス「ゼンヤク」


スポンサーリンク





スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: