So-net無料ブログ作成

フォスターシリーズまとめ [眼のトラブルに(フォスター)]

《はじめに》



眼のトラブルでお困りの方にハピコムのフォスターシリーズ。ひとつひとつ記載させていただきましたが、どんな場合にどの目薬が必要になるのか確認していきます。


(以前まで花粉の季節に売り場を占領していた青色のパッケージ・フォスターALGも販売されていましたが、現在は販売中止になっています。)


フォスターシリーズは現在5種類です。



DSC_0602 (1).JPG




(c) .foto project




眼が疲れてどうしようもない



これはフォスターDXがお勧めです。


フォスターDXには疲れ目に特化した8種類の有効成分が配合されています。


その中の1つの成分天然型V.Eは末梢血管の循環を良くすることで、眼の細胞へ酸素や栄養を送りやすくする効果があります。0.05%も配合されており、フォスターシリーズでは最大の濃度です。


またピント調節に働くネオスチグミンメチル硫酸塩、遠近調節を行う毛様体の働きを助けるシアノコバラミン配合も特徴のひとつです。


シアノコバラミンは眼科医が単独で処方する薬であり、疲れ眼にはとってもおすすめできる成分なのです。


関連記事:眼の疲れ、かすみに8種類の有効成分・フォスターDX



眼がかすんでどうしようもない


かすみ眼にはフォスター40がお勧めです。


濃度は劣るもののフォスターDX同様、天然型V.Eが配合され血液からの酸素や栄養分の郵送がかすみ眼の緩和に大切な働きです。


また、ピント調節機能の改善作用のあるネオスチグミンメチル硫酸塩や痒み止めのクロルフェニラミンマレイン酸塩、細胞の代謝を促して、目の組織修復を助けるタウリンが配合されています。


ただ、フォスター40の全ての成分がフォスターDXに同濃度以上で配合されているため、金銭的余裕があればフォスターDXを購入するのが望ましいです。


関連記事:働き盛りの方の疲れ目、かすみ眼に・フォスター40



スーッとする目薬が欲しい


これはフォスターFXがお勧めです。


清涼感レベルは5に設定されており、フォスターシリーズの中で最大です。


もちろん、疲れ眼やかすみ眼、充血、かゆみにも効く成分が配合されており、眼のあらゆる症状の緩和に効果を発揮します。


ただ、充血除去を目的に配合されているナファゾリン塩酸塩はリバウンドを起こすこともあります。


リバウンドでは、目薬をさしている間は白目から充血が治まってきれいに見えますが、効き目が切れると元の状態以上に充血してしまう恐れのことです。


充血除去剤は長期的な使用はおすすめできませんので、充血が気になるときは受診するのがお勧めです。


関連記事:クールで爽快なさしごこち・フォスターFX



眼がすごく痒い


フォスターAGを選びます


眼の痒みには様々な要因がありますが、特に花粉症やハウスダストなどのアレルギー性の場合はアレルギー用の目薬を選ぶことが大切です。


フォスターAGをさすと痒みや赤みが気にならなくなりますが、効き目がなくなるとまた痒くなります。


花粉シーズンでは症状の繰り返しになってしまうので、抗アレルギー剤を配合したフォスターALGがお勧めです。


抗アレルギー剤を配合したものはひどい時に使うよりも、シーズンに合わせて予防的に使うことでその効果を発揮します。長期的な使用が望ましいのです。


(フォスターALGは販売中止になりました。現在ハピコムで抗アレルギー剤を配合している目薬はありません。ロートクリアブロックZ、ロートクリアマイルドZなどが該当します。)


関連記事:アレルギー性のかゆみに・フォスターAG



コンタクト装着中の乾き‥。


いずれのフォスターもハードコンタクト装着中は使用できますが、ソフトコンタクト装着中は使用できません。


ただ、フォスターCLはいずれのレンズ装着中にも使用ができる目薬です


乾燥やレンズの不快感が原因の疲れ眼にも効果を発揮しますし、もちろん眼の乾きを潤すこともできます。


その効果が物足りない場合にはレンズをつける前、もしくははずした後に、時間をおいてから他の目薬をさすことも可能です。


ちなみにコンタクトレンズをしていなくてもこの目薬をさすことは何の問題もありません。


関連記事:コンタクトの不快感にフォスターCL



まとめ



・眼精疲労やかすみ眼がひどい場合はフォスターDX、軽い場合はフォスター40

・疲れ目で清涼感を求める場合はフォスターFX

・アレルギーによる一時的な眼のかゆみにはフォスターAG、シーズンのかゆみにはフォスターALG⇐現在は販売されていません

・コンタクト装着中の不快感・乾燥にはフォスターCL


《お問い合わせ先》


キョーリンリメディオ株式会社 学術部 0120-960189 
受付時間9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

スポンサーリンク





スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0