So-net無料ブログ作成
検索選択

コンタクトの不快感にフォスターCL [眼のトラブルに(フォスター)]

《はじめに》



コンタクトレンズをつけると目が乾燥しやすいし疲れやすい。


そんな症状でお困りの場合にはハピコムフォスターCLがおすすめです。


この目薬は涙と同じ成分を含み、レンズ使用中の乾燥や不快感を改善します。もちろんどのコンタクトレンズ使用中にもさすことが出来ます。




(c) .foto project




《疑問1:フォスターCLとは?》


長い時間コンタクトレンズを使うと、目がゴロゴロしたり、目が乾いたりすることがあります。


これはコンタクトレンズに角膜を潤す成分が付着し、表面が乾燥してしまうことが原因です。


ソフトコンタクトレンズでは特にその傾向が強く、つけているとすぐに乾いてしまい、不快感を感じる場合もあるでしょう。


ソフトコンタクトレンズに関して通常の市販目薬では、成分がレンズに吸着することによるレンズの変形や、成分の滞留時間が長くなり思わぬ悪い作用が出てしまう危険性もあります。


ここで、コンタクトレンズ用の目薬がおすすめなのです。


フォスターCLはソフト、ハード、使い捨てコンタクトレンズなど全てのコンタクトレンズに使うことが出来ます。


何故使えるのかといいますと‥。フォスターCLの有効成分は塩化ナトリウムと塩化カリウムです。


この2成分は涙を構成する成分とほぼ同じものですので、レンズに害があるものではありません。


眼には異物を外に出そうとするときや、角膜が乾燥してしまうときに涙を出す働きがあります。


コンタクトレンズの長時間装着やまばたきが少ないために乾燥が続いてしまうとこの生理機能が低下し、涙が出にくくなります。


フォスターCLは涙に似た成分を補うイメージですから、安心して使用できる目薬なのです。



スポンサーリンク









《疑問2:似た製品はあるの?》


はい、あります。有名なのは人工涙液ソフトサンティア(参天製薬)やロートソフトワン点眼液(ロート製薬)などです。


眼の乾きで眼科に言っても「はい、じゃあ今日はお薬出しませんので、ドラックストアでソフトサンティア買って帰ってさしてね」と言われるぐらい眼科医の間でも一般的な目薬です。


このソフトサンティアには角膜を傷つけるような防腐剤が入っていません。まさに眼に優しい目薬なのです。


ただ、開封後約10日以上すぎた薬液は使用できないということで、使い勝手が悪い印象はあります。


それはロートソフトワン点眼液にも言えることで、コチラも開封後10日以内の使用がすすめられています。


ロートソフトワン点眼液にはメントールが配合されており清涼感を求める方におすすめです。



DSC_0591.JPG



《疑問3:フォスターCLのウリは?》


上記に挙げた類似品との違いは、開封後少なくとも1ヶ月は使用できることでしょう。


10日間の使い捨てタイプではありませんので、通常の市販の目薬のように使い勝手は良いです。


防腐剤に関しては角膜を傷つけると報告のあるベンザルコニウムは配合していません。


よって角膜を傷つける心配もほぼなく、比較的長く使えることが特徴です。


以上、ハピコムフォスターCLのご紹介でした。


お読み頂きありがとうございます。







スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0