So-net無料ブログ作成

うがい薬が欲しいけれど、どれを選べばいいの?ハピコムうがい薬まとめ [のどの不快感に(うがい薬)]

《はじめに》


以前にも述べさせていただき、繰り返しになってしまい恐縮ですが、ドラックストアや薬店で購入できるうがい薬には大きく3種類あります。


①ポピドンヨードが含まれたうがい薬<イソジンうがい薬(明治)やハピコムポビドンうがい薬など>。


➁水溶性アズレンが配合されているうがい薬<ハピコムアズリースロートうがい薬>。


③セチルピリジニウム塩化物(CPC)配合のうがい薬<新コルゲンコーワうがいぐすり(興和)>。


たくさん種類がありますが、どう違うのでしょうか。それぞれのうがい薬の成分の特徴から考えてみましょう。



androsace-rattling-pot-183895_640.jpg
[うがいをして、のども心もスッキリ爽やか]



《ケース1:日々の口中の殺菌や風邪の流行る時期に使いたいんだけれど?》


この場合にはポピドンヨードの含まれたイソジンうがい薬(明治)やハピコムポビドンうがい薬を選びましょう。有効成分ポピドンヨードは、細菌やウイルスに対してきちんとした抑制効果が得られます。


もちろん内科や歯科、口腔外科のお医者さんにも頻繁に使用されており、この成分への期待の高さもうかがえますね。用法通り使用するのが基本ですが、決して規則正しく使用しなくても、外出から帰宅したときに使うだけでも効果が期待できるのではないでしょうか。



《ケース2:のどが腫れて痛い、うがい薬でなんとかならないの?》


この場合には水溶性アズレンの配合されたハピコムアズリースロートうがい薬を選びましょう。


有効成分水溶性アズレンがのどの炎症を和らげます。すでに腫れてしまって、痛みを伴うつらいのどの症状に効果の期待できるうがい薬です。


この水溶性アズレンは、胃の粘膜の炎症をやわらげる飲み薬としても使われており、万が一飲んでしまっても、危険のない成分となっています。



《ケース3:色が気になるのよね、透明なうがい薬はないの?》


無色透明のうがい薬といえば新コルゲンコーワうがいぐすりです。医薬品ではなく指定医薬部外品であり、その効果は基本的にはやさしめと考えられます。


有効成分セチルピリジニウム塩化物(CPC)はウイルスに、というよりは、ばい菌に対しての効果を期待して配合しています。のどの腫れや痛みには、炎症止めとしてグリチルリチンを配合しています。無色透明でハーブの香りということで、とても使いやすい商品になっています。 (CPC配合のハピコムうがい薬がありませんでしたので新コルゲンをご紹介させていただきました)


このようにそれぞれの成分、商品に特徴がありますので、今のご自身の状況・症状に合わせてお選び頂ければ幸いです。


使用の際は必ず、販売店のスタッフや主治医に相談するようにしてください。 お読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク






スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0