So-net無料ブログ作成

よく効く大人の咳止めシロップ剤といったらハピコムルキノンせき止め液 [咳や痰の緩和に]

《はじめに》


たんの絡んだせきが出ていて苦しい。咳き込んでしまって夜も眠れない。


そんな状況でお困りではありませんか?


たばこの吸い過ぎや肺のご病気の場合もあるでしょう。つらい時はすぐに病院に向かってください。


風邪による軽いせき、たんの症状でしたらハピコムルキノンせき止め液がオススメです。



beauty-655958_640.jpg
[咳もスッキリ快適な気持ちに]



《疑問1:ぶっちゃけ効果はどうなの?》


せき、たんの症状にお困りの方に、確かな素早い効き目を期待できます。


ハピコムルキノンせき止め液には、たんの粘りをとり、外に出しやすくする成分が3種類入っています。


ブロムヘキシン、キキョウエキス、セネガエキスです。


また、乾いた咳に効きやすいジヒドロコデインリン酸塩や気管支を広げて呼吸をラクにするメチルエフェドリン塩酸塩が配合されています。


くしゃみや鼻水にも効きますが、アレルギー性のせきにも期待できるクロルフェニラミンマレイン酸塩も配合されています。


無水カフェインは痛みを和らげる目的で配合されています。


1日3回食後に飲んでいただけば効果を期待できますが、4時間あければ症状の気になるときに追加して服用することも出来ます。


なので、夕食後19時に服用したけど、23時から眠っていたら咳がまたでてきた、そんなときにも1回分飲むことが出来るのです。



スポンサーリンク







《疑問2:他のせきどめシロップでもいいんでしょ?》


その時の症状に合わせて選んでいただければ他のせきどめシロップでも問題ありません。ただ、ハピコムルキノンせき止め液はグレープフルーツ味なので飲みやすく、1才以上のお子様から大人の方まで飲むことが出来ます。


昔からせき止めシロップとして販売されている新ブロン液エース(エスエス製薬)とハピコムルキノンせき止め液を比べてみましょう。せき止めの核となる成分ジヒドロコデインに関しては同量配合されています。なので乾いた咳に関しては似た効果が得られるでしょう。


このジヒドロコデインには実は痰の排出を抑えてしまう作用があるので、痰きりが同時に配合されています。新ブロン液エースにはグアイフェネシンが、ルキノンせき止め液にはブロムヘキシン、キキョウエキス、セネガエキスが配合されています。有効成分が異なるのでなんともはっきり言えませんが、痰を外に排出する成分の数はルキノンせき止め液が多くなっています。


抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンに関しては新ブロン液エースがルキノンせき止め液の2倍配合されています。そのため、くしゃみ、鼻水が伴ったり、アレルギー性の咳がある場合は新ブロンが効き易い可能性があります。

(ここまで、あくまで個人の見解ですので、参考程度に考えていただけると幸いです)



《少し気になる注意点》


ハピコムルキノンせき止め液には無水カフェインが入っています。この無水カフェインには痛みを和らげる働きがあるものの、目を覚ましてしまう作用もあります。ですので、夜に飲むと眠れなくなる場合があります。


また、咳止めのジヒドロコデインリン酸塩は強い眠気やのどの渇き、便秘の悪い作用も知られています。


用法・用量など他の注意点はまだありますので、必ずお薬の説明書を読んでから服用するようしてください。


もちろん、なんでもかんでも服用させるのは避けるようにしてください。風邪症状がひどい時、時間に少しでも余裕がある時は受診するようにして下さい。2才未満の乳幼児には、医師の診断を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させて下さい。


※この記事はハピコムルキノンせき止め液の薬の説明・検討のみですので、服用後何かあった場合の責任は取れません。十分注意しながら服用を考えていただければ幸いです。


以上、ハピコムルキノンせき止め液のご紹介と検討でした。


お読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。