So-net無料ブログ作成

ハピコムのどスプレーまとめ記事 [のどの不快感に(スプレー)]

《はじめに》


以前述べさせていただいたハピコムのどスプレーシリーズ


全部で3種類ありますが、それぞれの使い分けを考えていきます。


あなたは今どんなのどの症状でお困りでしょうか。




(c) .foto project



 
《ケース1:最近、風邪が流行っているみたいね、うつらないようにしなきゃ。で、何かいいのある?》


そんな時にはハピコムポピショットがオススメです。



有効成分ポピドンヨードがのどの殺菌・消毒効果をもたらし、腫れや痛みが強くなるのを防いでくれます。


このポピドンヨードは風邪のときや、歯の治療で使われる成分ですので、安心して使用することができます。


ハピコムポピショットに関しては、長いノズルを採用しているため、患部に直接狙い打ちができ、無駄打ちも少なくなります。また、爽やかなミントの味になっていますので、大変使いやすい商品です。




《ケース2:のどが腫れて痛いんだけど、なんかない?》



そんな時にはハピコムアズリースロートがオススメです。


有効成分水溶性アズレンがのどの炎症を抑えます。すでに腫れてしまって、痛みを伴う症状に効果の期待できる商品です。


この水溶性アズレンは、胃の粘膜の炎症をやわらげる飲み薬としても使われており、万が一飲んでしまっても、危険のない成分です。




《ケース3:のどが痛すぎてどうしようもないんだけど?》



そんな時にはハピコムパープルショットWがオススメです。


ハピコムアズリースロートに含まれている有効成分アズレンと殺菌作用のあるセチルピリジニウム塩化物(CPC)を配合しています。のどの腫れや痛みにももちろん効きますし、ばい菌がくっついてひどくなるのも防いでくれます。


《まとめ》


風邪の予防、のどの痛みがひどくならないようにするにはハピコムポピショット


すでに腫れていて、のどが痛む場合にはハピコムアズリースロート


痛みもあって、さらにひどくなりそうな時にはハピコムパープルショットW


もちろんいずれも、風邪薬との併用が可能ですので、飲み薬と合わせて使えます。上記記載の商品選択はあくまでも参考ですので、個人個人の症状に合わせた商品をお選び下さい。今ののどの痛み具合を確認しながら商品の選択に役立てば幸いです。



お読みいただきありがとうございます。



関連記事:ハピコムポピショット


関連記事:ハピコムアズリースロート


関連記事:ハピコムパープルショットW



スポンサーリンク






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0